GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  連載一覧  >  連載詳細

COLUMN
連載

高木三軍マネジャー台湾遠征奮闘記

3日目 雨に泣く

 滞在3日目の14日は、前日同様チャイニーズ・タイペイ戦を行う予定でしたが、雨のため中止となりました。

写真

穴吹コーチの指示を受けながらトレーニングする選手たち


写真

頼みの練習場も、雨でこの状態


写真

ミーティングでは秦コーチの話を熱心に聞いていました

 この日は朝からあいにくの雨模様でした。早朝トレーニング「ザリアツカ」も中止にして、ジムでのトレーニングに変更しました。各選手はそれぞれのメニューを黙々とこなしていました。廖任磊投手は100キロもの重りを軽々と持ち上げ、周囲を驚かせていました。

 午後になっても雨は止まず、試合中止が決定。「せめて屋根つきの所で練習をしたい」と球場サイドに掛け合ったところ、「なぜ試合が中止なのに練習をするんだ」というような反応でしたが、施設を使わせてもらえることになりました。

 こうしてなんとか練習場所を確保し、「さあやるぞ!」と思った矢先、更なる雨の弊害が……。バスに乗って出発しようとしたその時、準備のため先に到着していたスタッフから、練習場が水浸しになっているとの連絡を受けました。送られてきた画像を見ると、相当な浸水状態です。雨が降るにつれ浸水部分も拡大するとのことで、川相三軍監督をはじめ首脳陣と相談し、練習中止という苦渋の判断を下しました。瞬時の判断を迫られましたが、このように臨機応変に対応することができたのも、昨年の台湾遠征の経験や、日ごろから様々な事態に対応できるように準備をしてきたからなのかも知れません。

 その後、ホテルでは投手と捕手のミーティングが行われました。秦、阿波野両コーチが、現役時代の経験談を交えながら、野球に取り組む意識、考え方について熱く語ってくれました。選手たちも真剣に聞き入っており、充実した時間となりました。

 あす15日以降も天気予報は雨。降水確率は驚異の100%……ですが、何とか試合ができますように、みなさま、てるてる坊主をつるして祈りましょう!