GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2017年8月

その他

佐倉リトルシニアが優勝!中学硬式野球の頂点に~ジャイアンツカップ閉幕

写真

優勝した佐倉リトルシニア

写真

六回に同点2ランを放った西川選手


写真

六回一挙6点を奪って逆転した佐倉リトルシニア


写真

準優勝の小山ボーイズナインを労う高橋由伸監督

 中学生の硬式野球日本一を決める「第11回全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップ」(日本野球連盟、読売新聞社、読売巨人軍など主催)の決勝戦が19日、東京ドームで行われ、佐倉リトルシニア(千葉県)が、小山ボーイズ(栃木県)を7対3で下し、3年ぶり2度目の優勝を決めました。

 先制したのは、佐倉リトルシニア。三回裏、8番・京極選手の右前安打と相手のエラーで無死三塁のチャンスを作り、9番・高橋選手の中前適時打で1点を挙げました。追い上げる小山ボーイズは四回表に反撃。先頭の仲三河選手の死球、続く上戸鎖選手の内野安打などで1死一、三塁とすると、6番・朝井選手のスクイズで同点とし、続く7番・星選手の左越え適時三塁打などで3点を挙げ逆転しました。

 2点を追う佐倉リトルシニアは六回裏、先頭の高田選手が内野安打で無死一塁から、5番・西川選手が右翼席への本塁打を放ち同点、さらに四死球と安打などで2死満塁から2番・古滝選手の内野安打で勝ち越し。度会選手が押し出し死球、高田選手がこの回2度目の打席で2点右前適時打など、打者11人の猛攻で一挙6点を奪って勝負を決めました。

 試合後に行われた閉会式には読売巨人軍の高橋由伸監督が出席。決勝戦を戦った2チームに向け「今大会での経験は、この先の野球人生において成長する糧となることでしょう。自分を支えてくれる全ての人への感謝の気持ちを忘れることなく、次のステージでも上を目指し頑張ってください。」と今後の野球人生にエールを送りました。

 表彰式では優勝した佐倉リトルシニアに高橋監督からジャイアンツカップが、準優勝の小山ボーイズには読売巨人軍の石崎悦郎取締役事業本部長から準優勝カップが贈られました。

 今大会の様子は大会公式facebookで。