GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2018年3月

ファーム

増田選手のサヨナラ打で春季教育リーグ4連勝

写真

先発の大江投手


写真

九回、柿澤選手の2点適時打で同点


写真

増田選手がサヨナラ打

 春季教育リーグ楽天戦は、八回までわずか3安打1得点に抑えられていましたが、2点を追う九回、一死満塁のチャンスで柿澤貴裕選手が2点適時打を放って同点とし、増田大輝選手の適時打で4対3とサヨナラ勝ちしました。教育リーグは4連勝。

 先発の大江竜聖投手は三回、二死から安打と四球で一、二塁とされ、2点適時二塁打を浴びて先制を許しました。

 その裏、松原聖弥選手が中前安打を放つと、打球処理にもたつく間に一気に三塁を陥れました。続く北村拓己選手の中犠飛で生還し、1対2としました。

 五回、大江投手が四球で出した走者に盗塁を決められ、またも適時二塁打を打たれ、1対3とリードを広げられました。大江投手は5回4安打4四球3失点。

 六回以降は今村信貴、田中大輝、アダメス投手が無失点でつなぎましたが、打線は四回以降、盗塁失敗や併殺でチャンスを逸し、2点のリードを許したまま最終回を迎えました。

 九回、宇佐見慎吾選手が四球を選ぶと田島洸成、石川慎吾両選手の連打で満塁の好機を作り、柿澤選手が古巣を相手に右翼への2点適時打を放って同点としました。さらに高山竜太朗選手も中前打で続き、またも満塁とすると、増田選手が見逃しの後5球ファウルで粘り、7球目を左前に運んで、サヨナラ安打になりました。

■同点打の柿澤選手
 (古巣相手は)やっぱり気合が入ります。(3ボールと)いいカウントになったので狙っていきました。

■サヨナラ打の増田選手
 打ったらサヨナラとか考えず、いつも通りの感じで打席に入りました。ファウルで粘っていたらスライダーが来てなんとか対応できました。


楽天 002 010 000  3
巨人 001 000 003X 4

投手リレー
【巨人】大江(5回)、今村(1回)、田中大(1回)、アダメス(2回)―宇佐見、高山
【楽天】池田(5回)、森(1回)、青山(1回)、釜田(1回)、戸村(1/3)、寺岡(0/3)―細川、石原