GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2019年2月

チーム

紅白戦で実戦初登板の高橋投手が3回1失点~春季キャンプ第2クール4日目

写真

実戦初登板の高橋投手


写真

二回、小林選手が先制の2点適時二塁打


写真

三回、中島選手が2点適時二塁打


写真

2本の適時打を放った丸選手


写真

八回、岡本選手が2点本塁打

 春季キャンプ第2クール4日目の10日、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で今キャンプ2度目の紅白戦が行われ、初めて実戦に登板したドラフト1位ルーキー・高橋優貴投手が3回を2安打1失点に抑えました。試合は、小林誠司選手の2点適時二塁打で先制し、丸佳浩選手の2本の適時打などで加点した紅組が、岡本和真選手の2点本塁打などで追い上げた白組を10対6で下しました。

 紅組は二回、二死一、二塁で小林選手が左翼線に2点適時二塁打を放ち先制しました。

 初回に坂本勇人選手に左前打を許したものの無失点で切り抜けた紅組先発・高橋投手は二回、四球と安打をきっかけに一死二、三塁のピンチを招くと犠飛で1点を失いました。

 三回、紅組は丸選手の適時打、中島宏之選手の2点適時二塁打などで計4点を追加し、6対1と突き放しました。その裏は高橋投手が三者凡退に抑えました。

 四回から登板した白組2番手・鍬原拓也投手は2回を無安打2四球無失点に抑えましたが、3番手の高木京介投手が四回、ビヤヌエバ選手の左翼線への適時打で1点を奪われました。

 七回、白組は和田恋選手の右中間を破る二塁打をきっかけに1点を返しました。

 八回、紅組が丸選手のこの日2本目の適時打などで2点を追加、9対2としました。その裏、ここまで無安打だった岡本選手がバックスクリーンに飛び込む2点本塁打を放って反撃しました。

 九回、紅組は山本泰寛選手が右中間を深々と破る三塁打を放つと、犠飛で生還し、10対4としました。その裏、いずれも4打席安打のなかった陽岱鋼、ゲレーロ両選手の適時打で2点を奪い、白組が追い上げを見せましたが、10対6で紅組が勝ちました。

■初の実戦登板で3回1失点の高橋投手
 まだまだ実力不足。無駄な四球が点に結びついてしまいました。(坂本選手と対決)日本を代表する打者に、自分の力は出せたと思います。ただ、そういう打者を抑える術を身につけていきたい。(実戦初登板)緊張はしたんですけど、自分にとってはオールスターのような打線で、楽しめた部分もありました。

■先制の2点適時二塁打を放った小林選手
 打てて良かった。引き続き頑張ります。

■今季初の実戦で2点適時二塁打を放った中島選手
 打点を挙げたかったので粘りました。良かったです。

■2点本塁打の岡本選手
 良い感じで捉えられて、飛んだ方向もよかったと思います。まだまだホームランまでの打席の内容が良くない。実戦も多くなるので、1打席1打席を無駄にせず、開幕を迎えたいです。

<イニングスコア>
紅組 024 001 021|10
白組 010 000 122| 6

<本塁打>
岡本(八回、2ラン)

<投手リレー>
【紅組】
高橋(3回)、田原(2回)、森福(2回)、池田(1回)、アダメス(1回)―小林、大城
【白組】
今村(3回)、鍬原(2回)、高木(2回)、大竹(1回)、宮國(1回)―炭谷、岸田

<スターティングメンバー>
【紅組】
1(二)田中俊
2(左)亀井
3(中)丸
4(三)ビヤヌエバ
5(一)中島
6(遊)山本
7(右)松原
8(捕)小林
9(指)立岡
投手 高橋

【白組】
1(中)重信
2(右)陽
3(遊)坂本
4(三)岡本
5(左)ゲレーロ
6(一)和田恋
7(二)吉川大
8(捕)炭谷
9(指)石川
投手 今村

 あす11日も、サンマリンスタジアム宮崎で正午から紅白戦が行われます。天候等により中止や開始時間変更の可能性もありますので、あらかじめご了承ください。