GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2019年2月

チーム

紅白戦は坂本選手が連日の猛打賞~一軍宮崎春季キャンプ打ち上げ

写真

三回、立岡選手が適時打


写真

紅組2番手・坂本工投手


写真

白組2番手・大江投手


写真

五回、北村選手が本塁打


写真

七回、坂本選手がこの日3本目の安打

 春季キャンプ第2クール最終日の11日は、前日に続きKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で紅白戦が行われました。紅組の坂本勇人選手が先制適時打を含む3安打で連日の猛打賞の活躍を見せ、紅組が4対1で勝ちました。紅白戦後に手締めを行い、一軍は宮崎でのキャンプを打ち上げました。

 今キャンプ3度目の紅白戦は初回、紅組の亀井善行選手が左翼線二塁打で出塁、坂本勇人選手の中前適時打で生還し、紅組が先制しました。三回に亀井、坂本両選手の連打でチャンスを作り、和田恋、立岡宗一郎両選手の連続適時打でさらに2点を奪い、3対0としました。白組先発・田口麗斗投手は3回6安打1四球2奪三振で3失点。

 一方、紅組先発・メルセデス投手は2回2安打無四球1奪三振無失点の投球を見せました。

 三回から登板した紅組2番手・坂本工宜投手は、2回を無安打無失点に抑えていましたが、3イニング目の五回、北村拓己選手に左中間への本塁打を打たれ、3対1とされました。

 白組2番手・大江竜聖投手は2回をパーフェクトに抑えました。紅組3番手・桜井俊貴投手も2回を1安打無失点と好投しました。

 八回、紅組は立岡選手のこの日2本目の安打となる二塁打をきっかけに一死三塁とすると、野選で1点を追加、4対1で紅組が勝ちました。

■紅組先発のメルセデス投手
 まっすぐのコントロール、テンポともよく投げられた。開幕ローテーションをつかむため、またコンディションを整えて次の登板に備えます。

■2回をパーフェクトの大江投手
 結果には納得していますが、スライダーの精度を上げるなど課題はまだまだ多いです。しっかり課題をつぶして一軍で勝負できるようにしていきたい。

■3回1失点の坂本工投手
 右にも左にもインコースをうまく使えたのは良かったです。自分では納得いってないので、次の登板までに調整したいです。

■本塁打の北村選手
 打ったのはまっすぐ、真ん中高めくらい。思い切りよく振りにいけたので良かったです。

<イニングスコア>
紅組 102 000 010|4
白組 000 010 000|1

<投手リレー>
【紅組】
メルセデス(2回)、坂本工(3回)、桜井(2回)、中川(1回)、戸根(1回)―炭谷、宇佐見

【白組】
田口(3回)、大江(2回)、高田(2回)、畠(2回)―小林、田中貴

<スターティングメンバー>
【紅組】
1(中)重信
2(左)亀井
3(遊)坂本
4(三)ビヤヌエバ
5(一)和田恋
6(指)立岡
7(右)松原
8(捕)炭谷
9(二)吉川尚
投手 メルセデス

【白組】
1(二)田中俊
2(右)陽
3(中)丸
4(三)岡本
5(左)ゲレーロ
6(一)北村
7(遊)山本
8(捕)小林
9(指)石川
投手 田口

写真

 紅白戦終了後、マウンドの周りに監督、コーチ、選手らが輪になって集合し、坂本選手が「たくさんのファンの方々に来ていただいて充実したキャンプを過ごすことができました。沖縄に移動しますが、一人ひとりが考える力をつけ、自覚を持って優勝できるように頑張っていきます」とあいさつ、三本締めで一軍の宮崎キャンプを締めくくりました。

 宮崎でのキャンプを終え、原監督は「一通り、自分で考えていたものは消化できた」と振り返り、実戦が増える那覇キャンプに向けては「チーム全体の戦術的な部分はしっかり伝えたので、あとはゲームにおいての微調整といったもの、それと個の力という点では、ゲームでどういう力を出してくれるかというところの観察はしていかなければならない」と話しました。

 一方、二軍の高田誠監督は「第1クールに続いていいモチベーションでやれていたし、個々の状態も上がっている。今後は対外試合も入ってくる仕上げの段階。宮崎入りする三軍も含め競争意識を持ってやれるようにしたい」と第2クールを総括しました。

 一軍は13日から沖縄セルラースタジアム那覇で練習を行います。宮崎では二軍がサンマリンスタジアム、三軍がひむかスタジアムを中心に練習を行います。