トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS ニュース

2011年01月

チーム

2011.01.17

スタッフミーティング開かれ首脳陣らが今季のチーム方針を確認

写真

首脳陣、フロント幹部が新シーズンに向けたチーム方針を確認しました


写真

「若い選手を指導し、その成果を試合に注入してほしい」と滝鼻オーナー


写真

 原監督も「最後の最後まで結束して戦っていきたい」と誓っていました

 巨人軍の首脳陣とフロント幹部が一堂に会し、今季のチーム方針などを確認するスタッフミーティングが17日、都内のホテルで開かれました。

 会議の冒頭、滝鼻オーナーが「巨人というチームが強い塊となって、プロ野球の空を飛び回ってほしい。そして、巨人戦を観戦した人々が『今日はいい試合だった』と満足できるゲーム展開をしてもらいたい」と出席者に呼びかけ、今年は(日本一という)目標とするところ必ず到達すると確信していると述べました。

 原監督はチームスローガンを「Show the spirit~結束~」とすることを示し、今季の選手数が、育成選手を含めて90人、監督・コーチが28人の大所帯になることから、「ジャイアンツ史上、一番大きなチームとして2011年は動く。たくさんの人が集まれば、たくさんの意見が出るが、統一した意見が出せれば、素晴らしいチームになるのは間違いない。チームがひとつになって戦うんだということを声を大にして言いたい」と語りました。また、コーチ陣には選手個々の技術をレベルアップさせる練習に加え、サインプレーやバントなど、チームプレーにも重点を置いた指導を求めました。

 その後、各コーチが今年の目標や指導方針などを説明し、日本一奪回を目指した強いチーム作りに意欲を見せました。

 会議終了後に報道陣の取材に応じた原監督は「(スタッフミーティングは)気持ちが引き締まった状態で2011年のスタートを切る、けじめの一日。全員の力を結束して、ひとつの目標に向かう、そういう思いでスローガンを『結束』とした。監督として最高のチームを作り、(日本一の)目的を遂行する、それに向けて一直線にやるだけです」と力を込めていました。