トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2014年4月

チーム

キューバ選手の入団合意とキューバ野球連盟との友好協定締結について

 読売巨人軍は日本時間19日、キューバ国内リーグに所属するフレデリク・セペダ選手(34)の譲渡契約について、キューバ野球連盟、セペダ選手と合意しました。
 これに伴い、キューバ野球連盟と巨人軍の間で、野球技術の向上と人的交流を目的とした友好協定を結びました。
 セペダ選手は1997年からキューバ国内リーグでプレーしており、オリンピックやWBCなど数多くの国際大会での経験も豊富です。ビザが取得できれば、5月中旬にも来日する予定です。背番号は「23」です。
 また、友好協定に基づき、キューバからのコーチ研修の受け入れについても検討を始めます。


◆フレデリク・セペダ選手のコメント
「日本球界でプレーするのが夢だった。その夢が現実になり、期待感でいっぱいだ。巨人軍は日本トップの球団であり、プレーすることに誇りを感じる。キューバ国民の声援を胸に、巨人軍のセ・リーグ制覇、日本一奪還のために全力を尽くしたい」

◆キューバ野球連盟・イヒーニョ・べレス会長のコメント
「キューバと日本の野球にとって歴史的な一歩となった。キューバの選手が伝統ある巨人軍に認められて、とてもうれしい。光栄だ。セペダ選手は、経験豊富で海外実績もある。必ずや高いレベルの日本野球でも活躍してくれると思う。キューバは、優れたスポーツ文化を持つ日本野球を模範にしている。今後はコーチ研修などで野球交流を活性化させたい」

◆原沢球団代表・GMのコメント
「セペダ選手の獲得に全面協力をいただいたキューバ野球連盟の方々に感謝します。野球王国のキューバは、身体能力が高く実力ある選手が多いため、今後も調査に力を入れたいと思います。また、これを最初の一歩とし、友好協定に基づいた双方の野球技術の発展につながるよう努力します」

◆長嶋終身名誉監督のコメント
「野球大国のキューバとは、私が監督になってからずっと、選手獲得や人的交流の可能性を様々なルートで探ってきました。20年来の希望がようやく実現できて本当に喜ばしいことです。巨人軍だけでなく、日本、キューバ双方の野球界にとって、大きな一歩を踏み出したと言える今回の交流を契機に、さらに両国の友好関係が深まることを願っています」


●フレデリク・セペダ(Frederich Cepeda)外野手
(出生地)キューバ
(生年月日)1980年4月8日34歳
(身長・体重)178cm、93kg
(投打)右投両打

<主な国際大会出場>
五輪:2004年アテネ、2008年北京
WBC:2006年(打率.385、2本塁打、8打点)/2009年(打率.500、3本塁打、10打点)/2013年(打率.474、1本塁打、5打点)