トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2014年7月

チーム

「光栄なこと」 杉内投手がプロ野球最速2000奪三振達成

写真

プロ史上最速での通算2000三振を達成した杉内投手


写真

場内のスクリーンには記録達成を祝う画面

 杉内俊哉投手が12日の阪神戦(東京ドーム)で、六回二死から上本博紀選手をこの日3つ目の奪三振となる空振り三振に仕留め、プロ野球史上22人目となる通算2000奪三振を達成しました。

 節目の記録まであと3に迫っていた杉内投手は、先発したこの試合で三回と六回一死からいずれも能見篤史投手を空振り三振に取り、残り1つとなっていました。また七、八回にも1つずつ三振を取り、記録を2002奪三振まで積み上げました。

 2002年4月1日のロッテ戦(福岡ドーム)でプロ最初の三振を奪った杉内投手は、その後もイニング数を上回るペースで三振を積み上げ、1930回2/3で記録を達成。これまで最速だった石井一久氏の記録(1967回2/3)を塗り替えました。


【杉内投手のコメント】
「とにかく今日チームが勝つことができて良かったです。(プロ野球史上最速での記録達成は)光栄なことです。一人で出来ることではないし、守ってくれた野手やチームメートに感謝しています。三振を取れば勝てるというものでもないですし、3000奪三振よりも200勝出来る投手を目指したいです」