トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2014年10月

チーム

ドラフト1位で智弁学園高・岡本選手の交渉権獲得

写真


写真

 ドラフト会議が23日、東京都内のホテルで開かれ、巨人軍は1位で智弁学園高の岡本和真内野手(18)を単独指名し、交渉権を獲得しました。また、2位で日本大の戸根千明投手(22)、3位で三菱重工名古屋の高木勇人投手(25)、4位で国学院大の田中大輝投手(22)を指名、育成ドラフトで指名の4選手を含む合計8選手との交渉権を獲得しました。

 岡本選手について原監督は、「単独指名という形になりましたので、私としても願ったり。球団もファンの方々も非常に喜んでくれていると思う。彼は将来ジャイアンツを背負って立つ無限の可能性を秘めている選手。そうそう彼のような選手は出てこない。内野手で、しかも右バッターで、4番候補であるというのは非常に魅力的。スケールの大きい選手に育っていってほしい」と、高校通算73本塁打を放った大砲の交渉権獲得に喜びを表しました。 

 また、今年のドラフト会議を振り返り「満点のドラフト。ジャイアンツにとってはいいドラフトでした。将来性という選手もいるし、即戦力と考えている選手もいる。右左のバランスも良かったと思います。誰しもが大いにチャンスある世界ですから、もちろん1年目から期待している。目を凝らしながらしっかり指導したい」と期待を寄せました。

 続いて行われた育成ドラフトでは、川相昌弘ヘッドコーチの次男・川相拓也内野手(23・桜美林大卒)を2位で指名しました。これを受けて川相ヘッドコーチは「育成選手としてチャンスをもらえた訳なので、支配下選手になるために必死に努力をしてほしい」とエールを送りました。

 指名8選手は以下の通り。

【1位指名】
岡本和真(おかもと・かずま)内野手・右投右打
1996年6月30日生 18歳
183cm 95kg
智弁学園高
「高校通算73本塁打の右の大型スラッガー。広角に長打力のある打撃が一番の魅力。リストの柔らかさ、強さを兼ね備え、打球の角度は天性のものを持っている。将来の四番打者として期待の大砲」

【2位指名】
戸根千明(とね・ちあき)投手・左投左打
1992年10月17日生 22歳
173cm 93kg
石見智翠館高―日本大
「肩肘の柔らかさがあり、マウンドさばきがよく投げっぷりのいい投手。パワーのある投手で、先発、リリーフ問わずどこでも投げられる即戦力左腕」

【3位指名】
高木勇人(たかぎ・はやと)投手・右投右打
1989年7月13日生 25歳
178cm 88kg
三重海星高―三菱重工名古屋
「力強いフォームで腕の振りが良い投手。キレの良い変化球を投げ、緩急も使える投手。先発、中継ぎと出来る即戦力投手である」

【4位指名】
田中大輝(たなか・だいき)投手・左投左打
1992年8月7日生 22歳
182cm 76kg
必由館高―国学院大
「左のスリークォーターより、バランスの良い投げ方をする投手である。肩、肘の使い方が柔らかく、球持ちが良い投手で、ボールにキレがあり、コントロールもよい。左打者のインサイドにも強気で投げることが出来る。伸びしろのある投手で、先発、中継ぎどちらでも出来る投手である」

【育成1位指名】
篠原慎平(しのはら・しんぺい)投手・右投左打
1990年6月13日生 24歳
186cm 95kg
今治精華高―四国IL・愛媛-四国IL・香川
「恵まれた体格で体に馬力がある本格派右腕投手。150kmを超える球速と球質の重いストレート中心の投球ができる。」

【育成2位指名】
川相拓也(かわい・たくや)内野手・右投両打
1990年11月25日生 23歳
174cm 71kg
桐蔭学園高―桜美林大卒
「守備センスは父親譲り。親子鷹として巨人軍の優勝に貢献したい」

【育成3位指名】
田中貴也(たなか・たかや)捕手・右投左打
1992年8月27日生 22歳
178cm 80kg
八重山商工高―山梨学院大
「捕球から送球の動作がスムーズで送球が安定している。パンチ力のある打撃でツボにはまれば長打もある」

【育成4位指名】
高橋慎之介(たかはし・しんのすけ)投手・右投左打
1994年7月25日生 20歳
187cm 85kg
木更津総合高卒
「高校時代は甲子園で阪神・藤波投手と打者として対決。プロ入り後は投手として勝負。投手経験は浅いが、リストの強さを駆使したボールのキレは抜群である」