GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2014年11月

チーム

二軍開幕投手の松本竜ら6選手が契約更改

写真

来季の飛躍を誓った松本竜投手


写真

正捕手奪取に向けて意気込みを語る鬼屋敷選手

 今季二軍で開幕投手を務めるなど先発ローテーションの一角を担った松本竜投手ら6選手が12日、東京・大手町の球団事務所で来季の契約更改を行いました。

 けがにより昨季公式戦の登板がゼロに終わった松本竜投手でしたが、今季は二軍で開幕投手を務めるなど、主に先発として自己最多となる16試合に登板しました。更改後の記者会見で「二軍とはいえしっかりローテを守れたことは良かった。今季は3勝10敗という成績でしたが、来季は(勝ち負けが)逆になるようにして、一軍昇格のチャンスがあればしっかりと結果を出せるようにしたい」と飛躍を誓いました。

 二軍で52試合に出場し、一軍で初打席も経験した鬼屋敷選手は「守れないと使ってもらえないと思うので、技術的な部分で、捕る、止める、投げるがしっかりできるんだぞというところをアピールしたいです」と来季の正捕手争いに向けて意気込んでいました。2年目の大累選手は「一軍に行くためには、まず守備と走塁が出来ないといけないと思うので、まずはそこを鍛えたいと思っています。今季、片岡さんがファームで調整をしていた際に、(盗塁は)勇気を持って行かないと意味がないと言われたので、勇気を持って走ってみようと思っています」と話しました。

 成瀬、芳川の育成2選手は「中継ぎなので、今季と違って連投を出来るようにならないといけません。今季不調だったストレートに磨きをかけて、来年につなげられるように練習に取り組んでいきたいと思います」(成瀬投手)「公式戦は良い結果が出なかったが、非公式戦では自分の持ち味のバッティングは出せました。スイングスピードに磨きをかけ来季は公式戦でも結果を出せればと思っています」(芳川選手)と、支配下登録獲得に向けて抱負を述べました。

 また巨人軍は、先月25日に自由契約とした田中太一投手と、12日に育成契約を結びました。田中投手は「秋季練習では投げ方をサイドスローに変え練習に取り組んでいます。2月のキャンプでアピールし、紅白戦などで監督に見ていただきすぐ支配下に上がれるようにしたいです」と話しています。