GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2014年12月

イベントチーム

澤村、小山両投手が巨人軍発祥の地、習志野市の小学校訪問

写真

体育館での交流後は各学年ごとに記念撮影


写真

楽しい給食の時間。選手も配膳をお手伝いしました


写真

両投手は昼食後の休憩時間に巨人軍発祥の地を訪問

 澤村拓一、小山雄輝の両投手が3日、千葉県習志野市の同市立谷津南小学校を訪問し、児童らと交流を持ちました。

 同校近くの谷津公園(旧谷津球場跡地)は、80年前の1934年(昭和9年)に行われた日米野球に先立ち、全米オールスターチームと全日本チームが合同練習を行った地として知られ、これをきっかけに巨人軍の前身である大日本東京野球倶楽部が発足したことから、公園内にはこれを記念する石碑「読売巨人軍発祥の地」が設けられています。今季巨人軍が創設80周年を迎えたことから、ゆかりのある同校を訪れる運びとなりました。

 まず体育館に案内された両投手は、全校生徒約400人の熱烈な歓声を受けながら登場。児童から「緊張した試合は?」という質問を寄せられると、澤村投手は「試合ではあまり緊張しないタイプ。みんなの前で話す方が緊張してしまう」とおどけて笑いを誘い、瞬時に児童の心をつかんでいました。

 その後は小学6年生のクラスへ移動しての給食タイム。児童らが作成したエプロンをまとい配膳を手伝うと、ここでも質問攻めにあいながら和気あいあいとした雰囲気で食事を楽しみました。特に小山投手は5日が26歳の誕生日とあって、児童から牛乳を片手に乾杯で誕生日を祝福されるサプライズを受け、「うれしかった」とはにかんだ笑顔を見せていました。

 最後は校庭で再び全校児童を前に2人がキャッチボールを披露。ボールが行き交うたび、児童らは生で見るプロ野球選手の剛球に歓声を上げていました。

 この日の訪問では、給食後のわずかな時間をぬって谷津公園内の「読売巨人軍発祥の地」の石碑を見学。児童と巨人の歴史に触れた一日を振り返り澤村投手は「80年前にこの地で集まらなければ巨人はなかったわけで、歴史の長さと偉大さに感銘を受けた。巨人のユニホームを着てここにいることができるのも先輩たちのお陰。今日はいい勉強になった」、小山投手は「子どもたちとの交流を終え、『来季はテレビで見るね』と言ってくれた。励みにして頑張っていきたい」と答えました。