トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2014年12月

チーム

V4へ新戦力加入 相川、金城の両選手が入団決定

写真

新しいユニホームで拳を握りしめる相川、金城の両選手


写真

大勢のマスコミが集まる中、会見が行われました

 フリーエージェント(FA)宣言していた相川亮二選手(38)と金城龍彦選手(38)の巨人軍入団が決まり、8日に都内のホテルで入団会見が行われました。ジャイアンツのユニホームに袖を通した2人は、新天地での抱負を語りました。

 ヤクルトから移籍の相川捕手。阿部選手の一塁手転向も発表され、来季は2年目の小林選手をはじめ、實松、加藤選手らと正捕手の1枠を巡るし烈な競争が予想されますが、原監督からは「球界1、2の経験と実力を持つ。何より野球に対する強い情熱を持つ。相思相愛という中、巨人の相川誕生は来季のチームを語る上で非常に重要なポイント」と期待を寄せられました。相川選手は「プロでの経験の全てを還元したい。何より優勝が一番の目標。巨人軍の一員として日本一に向かって全てをぶつけていきたい」とリーグ4連覇へ力強い意気込みを口にしました。

 またDeNAから移籍の金城選手。球団からは「外野のスタメン争いに加わってほしいことはもちろん、かつての大道選手や石井選手のように試合を決める勝負強いバッティングでチームに貢献してほしい」と攻撃の切り札としての活躍を期待する言葉が掛けられました。金城選手は「環境を変えてプレーするということが自分にとってもプラス。その中、巨人軍に呼んでいただいた。感謝の気持ちだけ」と入団の経緯を控えめに答える一方、「良い選手がたくさんいるチーム。その中に入るわけだからレギュラーを争うという気持ちがなければ競争に勝っていけない。プレーでもチームに貢献できない」とレギュラー争いに名乗りを上げました。

 会見の最後は、相川選手が「23」、金城選手が「33」と新しい背番号の入ったジャイアンツのユニホームをまとい記念撮影。原監督と並んだ両選手は、巨人のV4と日本一奪回を目指し、こぶしを力強く握りしめました。


【相川 亮二】(あいかわ りょうじ)
1976年7月11日生 38歳 千葉県出身 182cm 94kg 右投、右打
[経歴]東京学館高―横浜(1995~2008)―ヤクルト(09~14)
[公式戦成績]
通算 1402試合、4251打数1103安打65本塁打451打点11盗塁318四死球768三振 打率.259

【金城 龍彦](きんじょう たつひこ)
1976年7月27日生 38歳 大阪府出身 177cm 80kg 右投、両打
[経歴]近大付属高―住友金属―横浜(1999~2011)―DeNA(12~14)
[公式戦成績]
通算 1856試合、5837打数1627安打103本塁打582打点39盗塁494四死球726三振 打率.279