GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  歴史と記録  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS ニュース

2011年04月

チーム

2011.04.05

阪神との練習試合で東野投手が好投、新上位打線も機能

写真

「直球のコントロールが良かった」と先発の東野投手


写真

バットが折れながらもしぶといスイングで左前打を放った長野選手


写真

脇谷選手も体勢を崩されながらもボールを捕らえ右前打で続き好機を導く

 開幕に向け最終調整を行う一軍は5日、神奈川県の相模原球場で阪神と練習試合を行い、2対3で惜敗しました。しかし、開幕投手候補の東野投手が先発し、四回2失点と上々の内容。打撃陣でも長野、脇谷選手の1、2番が起点となって同点につなげるなど、投打のキーマンが活躍しました。

 先発した東野投手は初回、2失点を喫しましたが、二回以降は内角の直球を効果的に使い、四回まで無安打無失点に抑え、試合を作りました。

 一方、打撃陣の見せ場は三回。「とにかく塁に出ることをこころがけたい」と話していた長野選手が、8球目の変化球をバットを折りながらも左前に。続く脇谷選手もエンドランのサインで、スライダーに食らいついて右前打で好機を広げると、二死二三塁で主砲ラミレス選手が、きっちりと左前に2点適時打を放ち同点としました。

 試合は救援した投手が打たれ、2対3で敗れたものの、投打に収穫があり、開幕に向けて期待を感じさせました。

 試合の詳細はこちらから。