GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

4月4日 対DeNA1回戦・横 浜

菅野が今季初登板で白星、立岡の勝ち越し打などで開幕4連勝

写真

今季初登板で勝ち投手となった菅野

写真

八回、勝ち越し打を放ち、ガッツポーズの立岡

写真

八回、阿部が3号2点本塁打

 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの1回戦。先発の今季初登板のエース菅野は走者を出しながらも、要所を抑える投球でDeNA打線を7回1失点に抑えた。そして1対1の同点で迎えた八回一死二塁、立岡の勝ち越し適時三塁打、坂本も中前適時打で続く。さらに阿部の今季3号となる2点本塁打で、DeNAを突き放し試合を決定づけた。巨人は5対2で勝利し、開幕4連勝を飾った。

 DeNA先発は今永。

 巨人打線は一回、二回と走者を出しながらも、後続が倒れ得点には結びつかなかった。三回、先頭の小林が死球で出塁すると、菅野が犠打を決め一死二塁のチャンスを作る。その後二死一、三塁となったところで、坂本が中前に落ちる適時打を放ち、先制に成功した。

 今季初登板の菅野は走者を出しながらも、一、二回は無失点。しかし援護をもらった直後の三回、安打と四球などで二死一、二塁のピンチを迎える。ここで好調のロペスに左中間適時二塁打を許し、同点に追い付かれてしまう。

 その後、打線は四回から六回まで、立ち直った今永の前に無安打に抑え込まれる。七回、先頭のマギーが四球を選ぶと、由伸監督は代走に重信を送り出す。重信は長野の打席の初球で二塁盗塁を試みるも、戸柱の好送球に阻まれた。二死後、岡本が四球で出塁したが、小林は打席途中で交代した2番手のパットンに空振り三振に抑えられた。

 その裏、菅野はDeNA打線をこの試合初めて三者凡退に仕留め、打線の援護を待つ。7回を投げ6安打1失点の内容だった。

 菅野に白星をつけたい打線は八回、DeNA3番手の三上を攻め立てる。先頭の代打・脇谷が安打で出塁すると、三上のけん制悪送球で二塁まで進む。一死後、立岡が左中間に適時三塁打を放ち、待望の勝ち越し。さらに坂本も中前適時打で続くと、阿部が右翼ポール際に開幕4試合で3本目となる2点本塁打。この回4点を挙げ、横浜を突き放した。

 八回からは継投に入る。2番手のマシソンはロペスに一発を浴び、1点を失う。九回に登板したカミネロも四球と二塁打で二死二、三塁のピンチを招くが、後続を断ち、5対2で快勝を収めた。巨人は菅野が今季初登板で勝ち投手となり、チームは2年連続で開幕4連勝となった。

監督インタビュー

(菅野は)良く粘ったかなと思います

Q:どちらに転ぶか分からないという攻防でした

本当に両チームともなかなか掴めない試合の流れでしたね

Q:そんな中八回、代打の脇谷選手が良く打ってくれました

いい形でチャンスを作ってくれて、ベンチの雰囲気もガラッと変わったと思いま

Q:中井選手のバントで送れなかったという嫌な流れの中で立岡選手が打ってくれました

(脇谷が)セカンドにはミスでしたけど行ってくれたのでね。もうひとつなんとか進めてくれればねという場面でしたけれども、それを立岡がしっかりカバーしてくれましたね

Q:立岡選手がよく打ちました

(中井選手のバント失敗を)立岡がしっかりカバーしてくれましたね

Q:坂本選手の適時打の後、阿部選手にも一発が出ました

うちのチームの軸二人ですから、期待にきっちり応えてくれたと思います

Q:先発の菅野投手はランナーを出しながらも1点というピッチングでしたが、いかがですか

良く粘ったかなと思います

Q:エース(菅野投手)に勝ちがつきました

そうですね。ただ菅野だけじゃなく、先発ピッチャーに勝ちがつくことが大事なことだと思います

Q:これでチームは4連勝です

毎日勝てればいいですけど、今日は今日で終わりましたから、また明日のことを考えたいと思います

Q:明日に向けて一言お願いします

明日は明日でまた違う試合が始まりますから、それに向けてきっちり戦いたいと思
います

ヒーローインタビュー

「やっと始まったなという感じがします」今季初登板で勝利を収めた菅野投手

写真

Q:大きな舞台を経験して迎えられた今年のペナントレースですが、やっぱりペナントレースの最初の登板というのはいろいろな思いもあったと思います、いかがですか

やっと始まったなという感じがします

Q:きょうは今永投手との投げ合いでしたが、どのような思いをこめて投げていましたか

今永君もすごい気持ち入っていましたし、彼がマウンドを降りるまではマウンドを守らなきゃいけないなという思いで投げていました

Q:きょうはランナーを出しながらの粘りのピッチングでした

今までやってきたことがきょう、できたと思います

Q:そして七回を三者凡退に抑えた後、ついに味方が点を取りました

どこかで三者凡退を作らなきゃいけないなと思っていたので、なんとか粘れてよかったと思います

Q:立岡選手のタイムリーヒット、それから阿部選手のホームラン、ベンチでものすごく喜んでいましたね

本当にうれしかったです

Q:これでチームも4連勝ですね

まだ始まったばかりですけれどチームは本当に状態がいいですし、雰囲気もいいので、期待してください

Q:それでは今シーズンにかける思いを最後にお願いします

絶対日本一取ります。頑張ります

順位表