GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

4月14日 対中 日4回戦・ナゴヤドーム

坂本の犠飛で追いつくも、延長十二回サヨナラ負けで5連敗

写真

八回一死二塁、中井が中前適時打!1対2

写真

八回一死一、三塁、坂本の右犠飛で2対2

写真

八、九回を完璧に抑えたマシソン

 ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズとの4回戦。マイコラス、大野の両先発は緊迫した投手戦を繰り広げ、0対0のまま試合は終盤へ突入する。七回、マイコラスが失策や大島の適時打で2点を先制されてしまう。直後の八回、ここまでわずか2安打の巨人打線が奮起。中井の中前適時打、坂本の犠飛ですぐさま同点に追いつくと、その後は両軍無得点で試合は延長へ。巨人は得点圏に走者を進めながらも、決定打が出ず勝ち越すことができない。2対2のまま、巨人にとって今季初の延長戦に突入した。両チーム譲らず迎えた延長十二回、4番手の宮國が二死から連打を許すと、二、三塁からゲレーロに痛恨の適時打を浴びサヨナラ負けを喫し、巨人はこれで5連敗。勝率が5割となった。

 試合は序盤、緊迫した投手戦が繰り広げられた。

 中日の先発は大野。

 巨人打線は初回に二死二塁、二回には一死二、三塁とチャンスを作りながらも、大野をとらえきれず、得点には至らない。
三回からは6者連続三振を含む4イニング連続で三者凡退と、完全に抑え込まれてしまう。

 対する巨人の先発は、開幕から2連勝中のマイコラス。好調そのままに、二回以降は二塁を踏ませない投球で、大野に負けじと五回までわずか被安打2と好投を見せる。
六回には二死から連打と死球で満塁のピンチを招くが、後続を断ち得点を許さない。

 試合が動いたのは七回裏。ここまで無失点のマイコラスが中日打線に捕まってしまう。
無死から安打と犠打で一死二塁のピンチを招くと、京田の二塁内野安打と悪送球の間に先制点を献上。さらに二死二、三塁から大島の中前適時打で2点目を失う。
なおピンチが続くも、マイコラスは続く亀沢を抑え、7回2失点でマウンドを降りた。

 マイコラスの好投に応えたい打線は、直後の八回、ようやく大野を攻略する。
 先頭の代打・石川の移籍後初安打となる右翼線二塁打で、久しぶりの好機を作ると、一死から中井の中前適時打で1点を返す。さらに一死一、三塁から坂本が右犠飛を放ち、すぐさま同点に追いついた。

 その後は巨人2番手のマシソンが八、九回の打者6人を完璧に抑えるなど、両軍無得点で、2対2のまま延長戦へ。

 巨人にとっては今季初の延長戦となった十回表、先頭の村田が中前打を放つと、犠打と失策で一死三塁のチャンスを迎える。しかし立岡、坂本が倒れ、得点機を活かせず。
十一、十二回も巨人は走者を出しながらも、決定打が出ず勝ち越すことができない。

 投手陣は十回、十一回を3番手のカミネロが封じ、同点のまま最終回となる延長十二回を迎えた。

 マウンドには4番手の宮國。簡単に二死を奪うものの、大島、亀沢の連打などで二死二、三塁のピンチを迎える。打席にはこの試合ここまで無安打のゲレーロ。しかし宮國が踏ん張れず。痛恨の適時打を許し、サヨナラ負けを喫した。巨人はこれで5連敗。勝率5割となった。

監督インタビュー

気持ちを切り替えてやるしかないですね

Q:序盤に相手の大野投手を崩したいところでした

なかなかチャンスが作れませんでしたね。相手を褒めても仕方ありませんが、いいピッチャーがそれなりの投球をすれば、こういう試合になると思います

Q:長野選手の状態が少し心配です

力のある選手ですから、何とかして欲しいとは思います。ただ、(敗戦は)彼だけの責任じゃないですけどね

Q:マシソン投手、カミネロ投手が2イニングずつ投げました

苦しい展開で、きょうは負けはしましたけど、二人を含めて選手は精一杯やっていたと思います。気持ちを切り替えてやるしかないですね

Q:やはりミスが出ると苦しくなりますね

そうですね。ミスもか絡みましたから、そこは反省しなくちゃいけないですね

順位表