GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

4月19日 対ヤクルト2回戦・鹿児島

篠原がプロ初登板・初勝利…6人継投の3試合連続零封勝ちで4連勝

写真

3回無失点でプロ初登板・初勝利を飾った篠原

写真

一回一死二、三塁、阿部が先制の中犠飛

写真

八回、ピンチを脱し、ガッツポーズのカミネロ

 鹿児島の県立鴨池野球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの2回戦。巨人は初回一死二、三塁から、阿部が中犠飛で挙げた1点を、先発・高木勇の負傷で、急きょマウンドに上がったプロ初登板の篠原ら、6投手の無失点の継投で守り切り、3試合連続の零封勝ちで4連勝となった。巨人はこれで33イニング連続無失点となり、4月16日に支配下契約を結んだばかりの篠原は3回無失点の好投で、巨人の育成出身投手としては初めての初登板・初勝利を飾った。

 打線は初回、公式戦初対戦のヤクルト先発の新外国人・ブキャナンを捉える。相手のミスにも乗じて一死二、三塁とすると、阿部が中犠飛を放った。好調を維持する4番のバットで、幸先良く1点を先制する。

 巨人先発・高木勇は、初回を三者凡退に抑える抜群の立ち上がり。二回は安打を許すも、後続を断ち無失点で抑えた。

 しかしその裏、一死一、二塁の打席で高木勇は送りバントを試みるも、右手付近にボールが直撃(記録は捕併殺打)。ここで高木勇は負傷交代となった。

 緊急事態の三回マウンドに、由伸監督は4月16日に支配下契約を結んだばかりの篠原を送る。急きょ一軍初登板となったが、先頭の西浦を見逃し三振。その後、二塁打や暴投などで一死一、三塁のピンチを背負ったが、谷内を三塁併殺打に打ち取り、無失点で切り抜けた。

 篠原は、四、五回共に安打を許すも相手の走塁ミスや味方の好守にも助けられ、得点は許さない。篠原は3回無失点の好救援を見せてマウンドを降りた。

 六回は3番手・池田が登板。ヤクルトの上位打線を、三者凡退で退けた。

 七回のマウンドにはマシソンが上がる。四球と安打で一死一、二塁のピンチを招くも、中村を遊撃併殺打に打ち取り、1点のリードを守る。

 八回には5番手・森福がマウンドへ。先頭を打ち取るが、代打・荒木に二塁打、代打・鵜久森にも中前打を浴び、一死一、三塁とされてしまう。この場面で由伸監督は、守護神のカミネロへスイッチ。カミネロは代打・大松を投併殺打に打ち取り、無失点で切り抜けた。

 追加点を奪いたい打線は八回、ヤクルトの2番手・石山を攻め立てる。二死から坂本が左中間二塁打で好機を演出するが、ヤクルトベンチは、阿部とマギーの連続敬遠四球を選択。二死満塁で投手のカミネロが打席に立ったが、ここは二ゴロに打ち取られた。

 最終回も続投したカミネロは、二死から雄平に死球を与え、同点の走者を背負う。しかし続く西田を空振り三振に仕留め、試合終了。初回の1点を守り切った巨人は、3試合連続の零封勝ちで4連勝。篠原は球団史上初となる育成出身投手のプロ初登板・初勝利を挙げた。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

苦しいと言えば、苦しい形でした。しかし、みんなでよく守りました

Q:篠原投手がプロ初登板初勝利です

(先発の高木勇のアクシデントで)急きょ登板というところでしたが、守りにも助けられた中で、いいボールもありました。最初はちょっと緊張しているかなと感じましたけど、きっちりいいボールは投げられていました。しかも、勝ち星もついたことですし、次に向けて自信にしてくれるといいですね

Q:投げっぷりがいいように見えました

横から見ていても、いいボールを投げていましたね

Q:3イニングを投げてくれたのが、大きかったですね

こういう状況で、あそこまで投げてくれたから、その後につなぐことができたんだと思います

Q:七回にマシソン投手を投入しましたが

相手打者との兼ね合いもありますし、きょうはスクランブルと言いますか、アクシデントがあって、こういう形になりました

Q:最後まで1点を守りきりましたね

苦しいと言えば、苦しい形でした。しかし、みんなでよく守りました

Q:初回、(先制犠飛の)阿部選手はさすがですね

結果的には、その1点だけでしたからね。本当に大きな1点でした。ああいう形でランナーをかえせるというのは、好調ということもあるでしょうが、一つ二つレベルが違うような感じがしますね

Q:この九州シリーズは連勝です

ピッチャーをはじめとして、よく守り、この2試合に勝てました。1日空きますが、また頑張りたいと思います

ヒーローインタビュー

「うれしいの一言では表せない感情です」プロ初登板・初勝利を飾った篠原投手

写真

Q:ウイニングボールを手にしてプロ初登板初勝利どんな気持ちですか

うれしいの一言では表せない感情です

Q:育成選手出身で初登板初勝利は球団史上初の快挙です

ありがとうございます

Q:今日は三回から急遽マウンドに上がりましたがどんな気持ちで上がりましたか

本当に急遽だったので、緊張する間もないほど急遽だったので、意外とすんなりと(試合に)入れました

Q:ピンチもありましたが、今日のご自身のピッチング振り返っていかかでしたか

ピンチばかりでしたけど、野手の方の守備に助けられて運もあったかなと思います

Q:自慢のストレートを鹿児島のファンの皆様にみせられましたか

ばらついたりいろいろありました。もっともっとレベルアップしてもっと一軍で活躍できるように頑張りたいです

Q:支配下登録されたばかりです。いろんな思いがあっての今日だと思いますが、四国アイランドリーグのお世話になった方々にいい報告できますね

自分が活躍することで四国アイランドリーグの認知度を上げて、これから(四国アイランドリーグからプロに)入ってくる選手の希望になれるように頑張っていかないといけないと思います

Q:3年目のシーズンで、二、三軍でお世話になりましたが、その皆さんに感謝の気持ちあると思います

去年は長く三軍でお世話になって勉強させてもらって、二軍で経験積ませてもらって、今ここにいるので、周りの方々に感謝の気持ちでいっぱいです

Q:昨日、菅野投手は熊本が大好きになりましたと言いました。篠原投手にとってここ鹿児島の地はいかがでしょうか

一生忘れない思い出ができて、鹿児島が大好きです

Q:最後にあさってからの3連戦は阪神との伝統の一戦です。そこで投げる可能性もあると思いますが、今後に向けて抱負をお願いします

今日だけじゃなくて、これからもいいピッチング続けていって、一軍に定着できるように頑張ります

順位表