GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月9日 対阪 神13回戦・甲子園

坂本1500安打達成も…3度の追い上げ及ばずサヨナラ負け

写真

九回、坂本が同点適時打を放ち、1500安打達成

写真

九回、代打・亀井の二点打で5対6

写真

五回、長野が本塁打を放つ

 甲子園球場で行われた阪神タイガースとの13回戦。三回に2点を先制されるも、直後に巨人打線は連続安打で追いつき、さらに四回に1点リードされるも五回に追いつくシーソーゲームに。しかし五回裏、先発・山口俊が阪神打線につかまり3対6と点差を広げられる。迎えた九回、巨人は立岡の四球をきっかけに坂本の通算1500安打を含む適時打で3点をもぎとり、土壇場で6対6と3度目の同点に。延長戦に突入するかと思われた九回裏、4番手・マシソンが二死一、二塁のピンチを背負うと、糸原に中越え二塁打を許し、サヨナラ負け。追い上げ及ばず黒星を喫した。

 先発の山口俊は、立ち上がりからピンチを招くも無失点に抑えてきたが、三回、二死から福留に四球を与え、続く中谷に左越え本塁打を浴び、2点を先制される。

 直後の四回、巨人打線が阪神先発・岩貞をとらえる。二死一塁からマギーが右中間へ二塁打を放ち、1点を返す。さらに二死二塁から村田の左中間二塁打が飛び出し、2対2と同点に追いつく。

 その裏、山口俊は二塁打と四球、安打で一死満塁のピンチを背負うと、上本に適時打を打たれ、2対3とあっさり勝ち越されてしまう。

 点を取り返したい打線は五回、2アウトから長野が左越えソロ本塁打を放ち、3対3と再び試合を振り出しに戻す。

 しかしその直後、山口俊は適時打と本塁打で3点を失い、3対6と勝ち越されてしまう。山口俊は5回6失点で降板。

 六回から高木勇、七回は桜井がマウンドへ。八回まで無失点に抑える好投で、味方の援護を待つ。

 打線は六回以降、阪神の投手陣を前に得点を奪うことができない。

 迎えた最終回、打線は阪神4番手のドリスから反撃の糸口をつかむ。先頭の立岡の四球をきっかけに、連続安打で2点を返し、5対6。さらに二死一、三塁の場面で坂本が同点適時打を放ち、通算1500本を達成。節目の一打でチームを同点に導く。

 同点で迎えた九回裏、4番手のマシソンが安打と四球で二死一、二塁とピンチを招くと、この日絶好調の糸原に中越え適時二塁打を許し、逆転負け。3度同点に追いつくも、勝ち越し打が出ず、巨人は黒星を喫した。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(1500安打の坂本選手は)勝負強さは、際立っています

Q:3点ビハインドから九回、いったん追いつきました

何とか粘り強く得点できました。(試合を通じて)一度でも追い越せていれば、というところでしたね

Q:同点打は坂本選手でした。ああいう場面で通算1500安打を達成するのは、さすがですね

勝負強さは、ずっと光っているというか、際立っています。勝負強さであったり、体の強さであったり、技術であったり、そういったものが備わっているからこそ、早い段階で記録を達成できたんでしょうし、チームの主軸として戦えているんだと思います

Q:打撃陣はうまく機能しているようです

いい攻撃が増えています。1人ひとりのヒットも出るようになってきて、少し上向いているように感じます

Q:先行されても、簡単に終わらない試合が増えてきたと思いますが

そこは、いい兆候だと思います。とにかく打者には、こういったバッティングを続けてもらいたいです

Q:先発の山口俊投手は苦しいピッチングでした

横から見ていたので、今すぐには分かりませんが、次はもう少し頑張ってもらわないといけませんね

Q:(サヨナラ打を浴びた)マシソン投手は二死までこぎ着けましたが

きょうは、そこよりも山口俊投手にもう少し頑張ってほしいところでしたね

順位表