GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月10日 対ヤクルト11回戦・東京ドーム

長野の勝ち越し弾で接戦制す!…田口はリーグトップタイの8勝目

写真

リーグトップタイの8勝目を挙げた先発・田口

写真

六回二死一、二塁、同点の適時打を放った亀井

写真

七回二死、勝ち越しのソロ本塁打を放った長野

 東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの11回戦。巨人先発の田口は抜群の制球力で、テンポの良い投球を披露。四回に山田の2点本塁打で先制を許すが、その後は崩れず、試合を作る。打線はヤクルト先発の山中に対し五回まで無得点だったが、六回、村田と亀井の連続適時打で2対2の同点に。七回には長野のソロ本塁打が飛び出し、3対2と勝ち越した。その後は田口からカミネロにつないで1点のリードを守り抜き、試合終了。田口は8回5安打2失点の内容で、リーグトップに並ぶ8勝目を挙げた。巨人は前半戦最後の3連戦を、白星でスタートした。

 序盤は投手戦。巨人先発の田口とヤクルト先発の山中が共に好投し、三回まで両チーム無得点の展開となった。

 均衡が崩れたのは四回。田口が一死二塁から山田に左越え2点本塁打を浴び、ヤクルトに先制を許した。

 一方の巨人打線は山中を打ちあぐね、四回、五回も無得点に終わる。

 四回に2点を奪われた田口だが、その後は快調なピッチング。五回、六回は無失点に抑えて反撃を待つ。

 六回、ついに打線が山中をとらえる。二死から坂本の左前打、阿部の四球で一、二塁の好機。ここで村田が右前に適時打を放ち、まず1点を返す。さらに一、二塁と続くチャンスで亀井は中前に同点の適時打。この回、山中から2点を奪い、試合を振り出しに戻した。

 田口は七回も無失点で切り抜ける。一死から坂口の中前へ抜けそうな当たりを坂本が捌いてアウトにするなど、守備も田口を盛り立てる。

 その裏、巨人打線はついに勝ち越しに成功する。ヤクルト3番手の近藤に対し、二死から長野が左越えにソロ本塁打。長野の2試合連続となる一発で3対2とし、この試合初めてリードを奪った。

 田口は八回も無失点に抑え、降板。5安打1四球で2失点と、先発としての役割を十分に果たした。

 九回、2番手で守護神のカミネロが登板する。二死三塁と一打同点のピンチを招くが、最後は中村の代打・大松を右飛に打ち取って、試合終了。田口はリーグトップに並ぶ8勝目をマークし、カミネロは17セーブ目を挙げた。3対2で勝利の巨人は、前半戦最後のカード初戦を白星で飾った。


今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

ここにきて長野らしいバッティングで、いい活躍をしてくれています

Q:六回は見事な攻撃でしたね

数少ないチャンスで、ベテランがきっちり打ってくれました

Q:村田選手、亀井選手の適時打はいずれも初球でした

チャンスというところで、甘いボールを積極的に打ったと思います

Q:決勝打の長野選手は頼もしいですね

ここにきて長野らしいバッティングで、いい活躍をしてくれています

Q:得点はいずれも二死からでした。最近、打線に粘りが見られます

何とか粘り、全員でつなぎ、ツーアウトから取れているのはいいことだと思い
ます。もう少し点が取れれば、もっと良かったんですけどね

Q:田口投手はいかがでしたか

1本(ホームランを)打たれましたが、それ以外はいいピッチングでしたね

Q:交代のタイミングは少し悩みましたか

中5日(の登板間隔)が短いとは思わないんですけど、そういう登板でもあり
ましたし、後ろに役割のあるピッチャーがいますので

Q:4連勝でハーラートップタイの8勝目です

本当に安定したピッチングをずっと続けてくれています。もう少し、野手が応
えてあげる試合をつくりたいですね

Q:9連戦の3カードは、いずれも初戦を取りました

初戦を取るのは大きなことですね。チームとしては、とにかく一つひとつ勝っていくしかない状況です。ここ数試合、先制できている試合も多いので、そういう戦いをできればいいですね

ヒーローインタビュー

「まだまだ打たないと取り返せない」勝ち越しソロ本塁打の長野選手

写真

Q:(本塁打の場面は)どんな気持ちで打席に入りました?

出塁すれば点になる確率が上がるので、何とか出塁することを心がけて打席に入りました

Q:打球がレフトスタンドへ入るのを見て、どうでしたか

入ったと思って、うれしかったです

Q:序盤は打撃で苦しんで、責任も感じていたと思うが、振り返ってみて

全然打てていなかったので責任を感じてますし、まだまだ打たないと取り返せないのでまた明日から頑張ります

Q:序盤で苦しんだ分も、このあと打ってやろうという気持ちですか

はい。頑張って打ちます

Q:明日、明後日へ向けての抱負を

まず明日勝てるように頑張ります

「チームが勝ててほんとうによかったです」リーグトップタイの8勝目を挙げた田口投手

写真

Q:前半戦最後の登板、どんな気持ちでマウンドへ?

なんとか勝つぞという気持ちで挑んだのでチームが勝ててほんとうによかったです

Q:先に2点取られたが、粘り強い投球でした

2点でなんとか抑えようと思って、野手の方もたくさん助けてくれたのでそれに応えられたかなと思います

Q:長野選手の本塁打の場面はガッツポーズが出ていました

素直な気持ちです

Q:自身4連勝でリーグトップタイの8勝目、防御率もトップです

自分だけの力じゃなくて、野手の方にも助けられていますし、(小林)誠司さんにも引っ張ってもらってそれに何とか応えようと食らいついている結果だと思います

Q:オールスターに初めて選出されましたね

楽しみです

Q:先輩から学べる場だと思いますが

いろいろなことを勉強して、自分の全力投球を皆さんに見せられるように頑張りたいです

Q:後半戦に向けて一言

まだ前半戦が2試合残っているので、それはもちろん全部勝ってくれると思いますし、後半戦に弾みがついて上位にいけると思います

順位表