GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

8月4日 対中 日16回戦・東京ドーム

4本のアーチで粘るも、延長戦で惜しくも競り負け

写真

九回、橋本到の代打同点本塁打で延長戦に

写真

初回、陽が2試合連続先頭打者本塁打

写真

二回、長野が10号本塁打を放つ

写真

七回、マギーの本塁打で4対4に追いつく

 東京ドームで行われた中日ドラゴンズとの16回戦。試合は序盤から両軍本塁打が飛び出す空中戦に。巨人は陽の2試合連続先頭打者本塁打に始まり、長野、マギー、九回には代打・橋本到と、計4本塁打を放つ。しかし、投手陣もビシエド・福田に一発を浴びるなど踏ん張り切れない。延長戦に持ち込んだものの、最後は守護神・カミネロが失点し、延長十回、6対5で惜しくも黒星を喫した。

 中日先発はバルデス。陽が2試合連続となる7号先頭打者本塁打を放ち、幸先良く先制する。

 二回、巨人先発の田口が先頭のビシエドに本塁打を浴び、同点に追いつかれてしまう。しかし、その裏、長野が8年連続2桁本塁打となる10号ソロですぐさま中日を突き放す。

 四回は一死から村田、長野、中井がつなぎ満塁の好機を演出。ここで小林が右犠飛を放ち、さらに1点を追加。3対1と堅実に追加点を積み重ねる。

 しかし、五回。京田の右翼線三塁打と、荒木の右前打で、再び1点差に迫られる。

 六回。粘投を続けていた田口が中日打線に捕まる。一死から福田に四球、松井佑に二塁打を許し、二、三塁の危機に。迎えた杉山の代打・藤井に逆転2点打を浴び、3対4と、一度は手にした勝ち投手の権利を手放してしまった。

 打線は七回。マギーが中日3番手・谷元の甘く入った変化球を捉え、打球は左翼スタンドへ。マギーの一発で試合を振り出しに戻すも、八回、マウンドに上がった3番手のマシソンが福田に勝ち越しソロを浴び、またしても1点ビハインドに。

 九回、巨人は代打攻勢に出る。小林の代打・亀井は空振り三振に倒れるも、続く中川の代打・橋本到に値千金の1号ソロが飛び出し、5対5と再び同点に追いつく。さらに二死満塁のチャンスを迎えるも村田が倒れ、試合は延長戦へ。

 十回、5番手のカミネロが登板。ゲレーロ、ビシエドの連打で無死一、三塁のピンチを招く。続く福田を遊撃併殺打に打ち取るも、その間に三塁走者が生還。結局この1点が決勝点となり、粘りもここまで。5対6で惜しくも敗れた。



今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

信頼している投手が行って、それで点を取られたらしょうがない

Q:抑えのカミネロ投手を出して打たれたら仕方ないというところでしょうか

仕方ないというわけではありませんが、勝ちパターンで出る信頼している投手が行って、それで点を取られたらしょうがないですね

Q:田口投手は中盤、もうひと踏ん張りほしかったですね

(きょうの状態が)良かったのか悪かったのか、まだ本人と話していないから分かりませんが、こちらが見た感じで『それほどいい方ではないかな』という中で、粘って投げていた方だと思いますよ

Q:点は取りましたが、欲を言えばチャンスでタイムリーが少なかったですね

こういう展開だと、そう言わざるを得ませんけどね

Q:投手陣は点を取ってもらった後、しっかり抑えないといけませんね

それは、きょうに限ったことではありません。いつもこっちの思うようにいくわけではないと、分かってはいますけれど

順位表