GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

5月1日 対広 島4回戦・マツダ

坂本が2試合連続4安打の活躍も…山口俊が乱調、連勝ストップ

写真

坂本が2試合連続4安打の活躍

写真

一回、ゲレーロの適時打で先制

写真

九回、代打・阿部の適時打で1点を返す

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの4回戦。巨人は初回、先頭の坂本からの3連打で幸先よく先制し、二回にも坂本の2点二塁打でリードを広げる。しかし三回、先発の山口俊が広島のバティスタ、鈴木に連続本塁打を浴び同点とされる。さらに二死満塁から田中に押し出しの四球を与えて勝ち越されると、五回にも2点を失った。打線は九回、坂本の2試合連続の4安打となる左前打から二死二塁のチャンスを作り、代打・阿部の右前適時打で1点を返すも、反撃はここまで。巨人は4対6で首位攻防戦の初戦を落とし、連勝は「8」で止まった。

 好調の巨人打線は初回、打率トップを走る坂本が広島先発・中村祐から左前打で出塁し、吉川尚も左前打でつなぐ。さらにゲレーロが初球を中前に運び、3連打で幸先よく先制した。さらに二回にも亀井の左前打から二死一、三塁の好機を作ると、坂本が左中間へ二塁打。この当たりで三塁走者が生還、さらに一塁走者の先発投手・山口俊も激走を見せ一気に生還。2点を追加した。

 山口俊は二回、二死を簡単に奪ったものの、野間の遊撃内野安打から二死満塁のピンチを背負うと田中に押し出しの四球を与え、1点を失う。続く三回には先頭のバティスタ、鈴木に連続でソロ本塁打を浴びて追いつかれると、またも二死満塁のピンチを招く。ここで田中に2打席連続の押し出し四球を与え、逆転を許してしまった。五回にも2点を失った山口俊は、5回途中6失点で降板。3試合連続の完投を目指していたが、この日は8四死球の乱調だった。

 追いつきたい巨人打線だが、五、六回と走者を出すも後続がいずれも併殺打に倒れるなど、三回以降立ち直りを見せた中村祐を打ち崩せない。広島が継投に入った七回には、坂本の中前打、吉川尚のセーフティーバントと敵失で一死二、三塁のチャンスを迎える。しかし続く3番ゲレーロ、4番マギーが打ち取られた。

 投手陣は五回途中から山口俊の後を受けた2番手の宮國、3番手の田原が危なげなく無失点に抑え、味方の援護を待つ。すると巨人打線は九回、坂本の2試合連続の4安打となる左前打から二死二塁のチャンスを作ると、代打・阿部の右前適時打で1点を返し、意地を見せる。しかし、反撃もここまで。巨人は先発・山口俊の乱調が響き、連勝は「8」で止まった。


監督インタビュー

ずっと勝ち続けるのは簡単なことではない

Q:山口俊投手が8四死球を与えて試合を作れませんでした

(二回に中村祐)投手に四球を与えたことが、(試合の)流れを一番変えたところかなと思います

Q:坂本選手は相変わらずいい働きをしました

本当にたくさんチャンスメークしてね、やっぱり勇人から始まった得点が多いですからね

Q:連勝が止まりました

ずっと勝ち続けるのは簡単なことではないですけど、勝っても負けても日々気持ちを切り替えてね。あしたまた、次の試合が始まるわけですから

順位表