GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

5月23日 対広 島7回戦・ひたちなか

長野が本塁打含む2打点も…前半の大量失点響き大敗

写真

本塁打を含む2打点を挙げた長野

写真

五回からの3イニングを無失点に抑えた池田

写真

宮國も好リリーフで八、九回を無失点

 茨城・ひたちなかで行われた広島東洋カープとの7回戦。巨人先発の吉川光は初回から広島打線に捕まり、田中に先頭打者本塁打、新井に3点本塁打を浴びるなどいきなり5失点。さらに四回にも失点を重ね、0対9と大量リードを許してしまう。打線は四回、岡本の左前適時打と長野の犠飛で2点を返す。さらに六回、長野に左越えソロ本塁打が飛び出し、3対9と追い上げる。投手陣は五回から今季初登板の3番手・池田が3回無失点、宮國も2回を無失点に抑える好救援をみせたが、打線が終盤追い上げられなかった。巨人は前半の大量失点が響き、首位広島に大敗となった。

 雨が降りしきる中で始まった首位広島との直接対決。巨人先発の吉川光は初回、先頭の田中にいきなり一発を浴び、先制を許す。さらに広島打線の勢いを止められず、5番新井に左越え3点本塁打、美間に左前適時打を許すなど、打者9人の猛攻で一挙5点を奪われた。

 二、三回と走者を出しながらも踏ん張った吉川光だったが四回、先頭の田中にこの試合2本目となる本塁打を許すと、その後2つの四球を出したところで降板。代わった2番手の谷岡も相手打線に捕まり、3連打で3点を追加されてしまう。この回計4失点を喫し、0対9と大量リードを許してしまった。

 三回まで広島先発・岡田の前に、四球2つのみに封じられていた打線は四回、先頭の吉川尚がチーム初安打となる右前打で出塁。一死後、マギーが四球を選び、一、二塁と好機をつくると、5番岡本が左前にはじき返し、1点を返す。さらに亀井も左前打で続き、一死満塁。ここで長野が中犠飛を放ち、マギーが生還。この回2点を返した。

 追加点の欲しい打線は五回、先頭の坂本、吉川尚の連打で無死一、二塁の好機をつくる。反撃ムードが高まったが、ゲレーロは三塁併殺打、マギーは三振に倒れ、無得点。好機を生かすことができなかった。しかし六回、二死から長野が左越えソロ本塁打を放ち、3対9と差を縮める。

 リリーフ陣では、今季初登板となった池田が好投。五回からの3イニングを1安打無失点、3奪三振と気を吐いて打線の援護を待った。4番手の宮國も終盤2イニングを1安打無失点に抑えた。しかし七回以降、打線は走者こそ出すものの得点を奪えず、3対9で試合終了。巨人は長野の本塁打など9安打を放ったが、前半の大量失点が響き、首位広島に大敗した。


「今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」 

監督インタビュー

(吉川光は)ずっといいのは難しいしね

Q:吉川光投手はこのところいい投球が続いていただけに初回の失点が重かった

ずっといいのは難しいしね

Q:(今季初登板の)池田投手は存在感を見せました

池田もそうだし、(2番手の)谷岡も点は取られたけど球は良かったんでね。その2人に関しては

Q:打線は何とかしようという意識が伝わりました

好機を作ったり、点は少しは返せたりしたのでね。もうワンチャンスでというところまで持って行ければというのはあったけど

順位表