GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

5月31日 対日本ハム3回戦・東京ドーム

鍬原の初登板飾れず…交流戦最初のカード負け越す

写真

プロ初登板・初先発の鍬原

写真

一回一死二塁、岡本が右越えに先制適時打

写真

七回無死、ゲレーロが左中間にソロ本塁打

 東京ドームで行われた北海道日本ハムファイターズとの3回戦。巨人先発はプロ初登板初先発となったドラフト1位ルーキー鍬原。鍬原は1対0で迎えた三回、プロ入り初安打を浴びたのをきっかけに制球を乱し、一死満塁のピンチを招くと、中田の中犠飛、レアードの左翼線2点二塁打でこの回3点を失う。しかし、その後は粘りの投球を見せる。5回を3失点にまとめ、リリーフ陣に後を託した。一方の打線は日本ハム先発・村田の前につながりを欠き、初回の岡本の右越え適時打、七回のゲレーロが放ったソロ本塁打による2得点に終わり、2対4で敗戦。プロ初登板初先発の鍬原は、被安打2、7奪三振も6四死球と制球に苦しみ、デビュー戦は黒星、チームも交流戦最初のカードを負け越した。

 巨人先発は、プロ入り初登板初先発となったドラフト1位ルーキー鍬原。初回、西川をストレートの四球で歩かせるも、続く大田を中飛に打ち取ると近藤、中田も抑え、注目された初回を無失点に抑える。

 日本ハムの先発は村田。巨人は初回、一死からこの日2番に入った陽が死球で出塁すると、岡本の打席で陽が二盗。足を絡めた攻撃で好機を作ると、岡本が右翼フェンス直撃の適時打を放ち、1対0と巨人が幸先良く先制する。

 援護点をもらった鍬原は三回、一死から西川に左翼線二塁打を浴びると制球を乱してしまう。連続四死球を与え、一死満塁のピンチ。中田の中犠飛で同点に追いつかれ、続くレアードに左翼線2点二塁打を浴び、1対3と勝ち越しを許した。

 逆転を許した鍬原。四、五回も走者を背負ったが、五回には中田から見逃し三振を奪うなど、無失点で切り抜け、5回を投げ切り3失点で降板。6四死球と制球に苦しんだが7つの三振を奪うなど、実力の片鱗を示した。

 六回からは前日好投し、プロ初勝利をあげた2番手・谷岡がマウンドへ上がる。谷岡は六回、日本ハム打線をこの試合初めて三者凡退に打ち取ると七回も無失点に抑え、試合の流れを引き寄せる。

 初回以降、村田の巧みな投球術の前に沈黙していた打線は七回。無死からゲレーロが左中間への9号ソロ本塁打を放ち、1点差に詰め寄る。ゲレーロの一発で反撃ののろしを上げると、続く長野が四球を選び、村田をマウンドから引きずり下ろす。日本ハムは2番手に宮西をマウンドへ送ると、巨人は長野が二盗、吉川尚の遊ゴロの間に三進し、二死三塁と同点の好機。由伸監督は代打・阿部を送ったが、阿部は中飛に倒れ、同点機を逃す。

 八回、3番手でマウンドに上がった上原が、先頭の中田にソロ本塁打を浴び、2対4と点差は再び2点となった。

 九回、巨人4番手の池田が三者凡退に抑え、最終回の攻撃に望みをつなぐも、日本ハム4番手でマウンドに上がった守護神トンキンから得点をあげることができず、2対4で敗戦。巨人はドラフト1位ルーキー、鍬原のデビュー戦を白星で飾ることができず、交流戦最初のカードを勝ち越すことができなかった。

 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック! 

監督インタビュー

(鍬原は)楽しみだなと思う部分がたくさんあった

Q:デビュー戦の鍬原投手はどうでしたか

いいボールも悪いボールも当然ありましたけど、これからがね、また楽しみだなと思う部分がたくさんあった。球の切れというかスピードもまあまあ出ていましたし、横から見ていてもいい球がいっていたかなと思うので、初登板と思えばというかね、勝った負けたは別にして、まあまあ良かったのかなと思いますね

Q:打線は初回に先制した後が続きませんでした

なかなかとらえきれなかったですね。初回に(陽)岱鋼がいい走塁をしてくれて良かったんですけど、その後がね、なかなかもう1点というところが、なかなかつながらなかったですね

順位表