GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月1日 対オリックス1回戦・京セラD大阪

菅野が7回1失点の好投で6勝目、吉川尚の勝ち越し犠飛で3位浮上

写真

7回1失点で6勝目を挙げた菅野

写真

四回二死二塁、ゲレーロが左中間へ同点の適時二塁打

写真

七回無死二、三塁、吉川尚の右犠飛で勝ち越し

 京セラドーム大阪で行われたオリックスバファローズとの1回戦。巨人先発の菅野は初回、吉田正に適時打を許し、1点を先制される。しかし、その後は粘りの投球。二回から四回まで毎回得点圏に走者を背負ったが、追加点は許さない。打線は、四回、ゲレーロの左中間適時二塁打で同点に追いつく。1対1で迎えた七回、オリックス2番手の黒木から、陽の安打と代走・立岡の好走塁で無死二、三塁の好機をつくると、8番・吉川尚の右犠飛で勝ち越し。さらに坂本の適時打で、3対1と2点を勝ち越し。八回からはマシソン、カミネロが無失点リレーでつないで逃げ切った。7回1失点の菅野は6勝目をマーク。6月最初の試合を逆転勝利で飾った巨人は、この日、阪神が敗れたため、セ・リーグ3位に浮上した。

 巨人先発の菅野は初回、先頭の小田にいきなり左前二塁打を許し、無死二塁のピンチを背負う。相手の送りバント失敗で一死を奪ったが、3番・吉田正に右前適時打を浴び、1点を先制された。

 菅野は、二回から四回まで、毎回得点圏に走者を背負う苦しい投球が続く。しかしピンチでは気迫の投球を見せる。二回の二死満塁、四回の一死一、三塁をそれぞれ無失点で切り抜けた。

 打線はオリックス先発のディクソンの低めの変化球に苦しみ、初回に亀井の右翼線二塁打でつくった好機を生かせず、無得点が続いたが、四回一死からマギーがチーム初回以来の安打で出塁。阿部の二ゴロで二死二塁とすると、6番・ゲレーロが左中間に適時二塁打を放ち、1対1の同点に追いついた。

 菅野は五回にこの試合初めて相手打線を三者凡退に抑えると、六回も3人で片付け、味方の援護を待つ。

 菅野を援護したい打線は七回、オリックス2番手の黒木を攻め立てる。先頭のゲレーロが四球を選ぶと、続く陽が左前打、代走の一塁走者・立岡の好走塁もあり、無死二、三塁の好機をつくる。この場面で吉川尚はきっちり右犠飛を放ち、勝ち越しに成功。二死後、1番・坂本が中前にはじき返し、1点を追加。この回2点を勝ち越し、3対1とした。

 リードをもらった菅野は七回、一死から代打・大城に安打を許したが、粘りの投球で得点は許さない。結局、菅野は7回7安打1失点でマウンドをリリーフに託した。

 追加点のほしい打線は八回、オリックス3番手の近藤から、2つの四球と阿部の右前打で一死満塁の好機をつくる。しかし陽は浅い右飛、吉川尚は三振に倒れ無得点。好機を生かせない。
 九回も小林の安打などで二死一、二塁としたが、追加点は奪えなかった。
 
 巨人は八回から継投策に出る。八回はマシソン、九回はカミネロが相手打線をきっちり3人ずつで片付け、逃げ切った。

 巨人は打線が菅野の粘投に応え、3対1で逆転勝利。7回1失点の菅野は6勝目を挙げた。またこの日阪神が敗れたため、巨人はセ・リーグ3位に浮上した。


今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック! 

監督インタビュー

(菅野は)粘り強く投げてくれた

Q:菅野投手が粘って勝利を呼び込みました

前半少し苦労したわけじゃないだろうけど、慎重にというか、粘ってくれた。先に(点を)取られたというのもあると思うし、次の1点を取られないように粘り強く投げてくれた

Q:ゲレーロ選手の一打が大きかった

そうだね。適時打は久しぶりだね。いい一打が出て良かった

Q:(勝ち越した七回は)代走の立岡選手がよく走りました

立岡もそうだし、(陽)岱鋼もついていってよく二、三塁にしてくれた

Q:坂本選手の適時打は

やっぱり、その1点は非常に大きかった。ああいったところで1本出せるところが、力のあるというか、さすがだなと思う

ヒーローインタビュー

「きょうは粘り強く投げられたと思います」7回1失点の好投で6勝目を挙げた菅野

写真

Q:7回1失点。きょうは初回に点を取られて、少しランナーを背負う展開も多かったですが、ご自身のピッチングはどうでしたか 

毎回、完封、完璧というわけにはいかないので、きょうは粘り強く投げられたと思います 

Q:そういった状態でも勝つというのは大事なことだと思うのですが、そういう意味では手応えのある一勝になるでしょうか 

チーム全員で勝った1勝だと思います 

Q:序盤、ヒットを少し打たれる場面もありましたが、それでも五回以降は1安打にまとめました。気迫を感じました 

うまく小林(誠司)が引っ張ってくれて、自分のピッチングができたと思います 

Q:全国の野球少年も菅野選手を目標にしてやっている子たちはたくさんいると思います。どうしたら菅野選手のように粘り強く投げることができますか 

難しいですね。たくさん練習して、もっと野球を好きになってください 

Q:七回の勝ち越しのシーンでは、菅野選手もベンチの中で大きな声を出していました。味方の攻撃はどう映りましたか 

全員で攻めて、いい攻撃でしたし、いい試合だったと思います 

Q:阪神が敗れ、3位浮上。ここから先のチームの目標をお願いします 

目指しているところは3位ではないので、優勝できるようにがんばります 

順位表