GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月27日 対広 島9回戦・マツダ

マギーの3安打4打点などで追い上げも…投手陣崩れ広島に連敗

写真

三回、マギーが左翼に3点本塁打を放つ

写真

六回、先頭の陽が右翼に本塁打を放つ

写真

八回を三者連続三振に抑えた4番手・沢村

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの9回戦。巨人先発の田口は初回、無死満塁のピンチを招き、鈴木、新井の連続適時打などで4失点。さらに三回、鈴木のソロ本塁打で5点目を失うと、田口は四回で降板。打線は三回、マギーの3点本塁打で反撃するものの、田口の後を受けたリリーフ陣も広島打線の勢いを止めることができず、追い上げ及ばず6対8で敗れた。マギーは3安打4打点と活躍をみせるも、投手陣が崩れた巨人は首位・広島に連敗し、ゲーム差は「7.5」に広がった

 巨人先発はここ6戦勝ち星から遠ざかっている田口。初回、田中、菊池にいきなり連打を浴び、丸の四球で無死満塁とピンチを招く。すると4番・鈴木に変化球を中前へ弾き返され、2点を献上。さらに新井に右前適時打を許すなど、集中打を浴びた田口は、この回だけで4点を失った。

 巨人打線は三回、広島先発の九里から9番・田口が右翼線二塁打を放ち、チャンスメイク。陽が四球で歩き、二死一、二塁とすると、打撃好調のマギーが左翼席へ飛び込む7号3点本塁打を放ち、3対4と1点差に詰め寄る。

 しかし直後のその裏、二死から鈴木に左翼席に飛び込む本塁打を浴びてしまう。リズムを取り戻したい田口だったが、四回で降板。持ち味の低めへの制球が定まらず、8安打5失点と苦しい投球を強いられた。

 五回から2番手・谷岡がマウンドへ上がる。流れを食い止めたい谷岡だったが、無死一塁から丸に右中間適時二塁打を浴び、その後2つの四球で一死満塁とされ、會澤の二ゴロの間にもう1点を失い、3対7とリードを広げられる。

 打線は六回、陽が右翼ポール際への3号ソロ本塁打を放つものの、その裏、3番手の田原が丸に2打席連続の適時打を浴び、点差を詰められない。

 それでも七回。巨人先頭の大城が振り逃げで出塁すると、二死から陽が右前打でつなぎ、一、二塁と好機を作る。マギーが右前適時打を放つと、続く岡本の三ゴロを三塁手・小窪が悪送球し、6対8と2点差まで詰め寄る。さらに二死二、三塁と一打同点の場面だったが、亀井が二ゴロに倒れ、同点には至らない。

 七、八回とリリーフ陣が無失点でつないだが、最終回、広島の守護神・中崎の前に得点を挙げられず、6対8で敗戦。マギーが3ランを含む3安打4打点の活躍をみせるも、投手陣が崩れた巨人は首位・広島に連敗し、ゲーム差は「7.5」に広がった。

監督インタビュー

(田口は)何とかここを乗り越えてほしい

Q:田口投手については

追い上げたところで、またもう1点とられてしまう。何とか粘ってほしいんだけど。ただ、昨年、一昨年と頑張ってきているので、何とかここを乗り越えてほしい

Q:三回に小林選手に代打を送りました

追い上げないといけないので。攻撃というところで、と思った

Q:あすの予告先発は菅野投手です

少し流れが良くないので、チームで一番力のあるピッチャーで(流れを)止めて、攻撃も全体で(流れを)変えていきたい

順位表