GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

6月28日 対広 島10回戦・マツダ

菅野粘投も痛恨の2被弾、チームは4連敗

写真

先発の菅野

写真

五回二死二塁、坂本が左前適時打を放つ

写真

2打数2安打と気を吐いた田中俊

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの10回戦。巨人が2-0でリードして迎えた五回裏、ここまで毎回得点圏に走者を背負いながらもしのいできた先発の菅野が、菊池にソロ本塁打、野間にも逆転の3点本塁打を浴び、2-4と試合をひっくり返される。打線は、初回にマギーの遊ゴロの間に先制、五回には坂本の左前適時打で2点を挙げたが、六回以降、2安打に抑えられ、チャンスらしいチャンスも作れず。最後は守護神・中崎に代打・阿部が空振り三振に打ち取られた。エース菅野が痛恨の2被弾で逆転された巨人。チームは4連敗、4位に後退した。

 広島の先発は公式戦初対戦となる2年目の左腕・高橋昂。巨人打線は初回、坂本が右越えの三塁打を放ちチャンスメイクすると、一死後、マギーの遊ゴロの間に坂本が生還し幸先よく先制に成功する。

 巨人の先発は、この日、オールスターゲームに選手間投票で選出が発表された菅野。初回、先頭の田中に四球を与えると一死二塁のピンチを背負う。それでも丸を左飛、鈴木を見逃し三振と広島の強力なクリーンアップをキレのあるまっすぐでねじ伏せた。

 菅野は三回にも先頭の高橋昂の中前打から一死満塁のピンチを招き、またもクリーンアップとの対戦。しかしここも鈴木を空振り三振、松山を遊ゴロに抑えしのぐ。菅野は毎回得点圏に走者を背負うも粘りの投球で踏ん張った。

 初回に先制した後、広島先発の高橋昂を打ち崩せずにいた打線だったが、五回、先頭の田中俊が四球で出塁し二死二塁のチャンスを作ると、打席には坂本。頼れる主将が左前にしぶとく落とし追加点を菅野にプレゼントした。

しかし、その裏、菅野は菊池にソロ本塁打を打たれ、1点差に迫られる。さらに2つの四球で二死一、二塁とされると、野間に3点本塁打を浴び、逆転を許してしまった。

 六回から投手陣は継投に入る。六回は2番手・上原が三者凡退に抑える好投。七、八回はアダメスがしっかりと無失点に抑え打線の援護を待った。

 何とかしたい打線だったが、六回以降2安打に抑えられチャンスを作れず。最後は守護神・中崎に代打・阿部が空振り三振に抑えられ敗戦となった。五回にエース菅野が痛恨の2被弾で粘れなかった巨人。同一カード3連敗、広島の高橋昂にはプロ初勝利を献上し、チームは4連敗となり、阪神が勝ったため、4位に後退した。


監督インタビュー

気持ちを切り替えていきたい

Q:菅野投手を打線がもう少し援護するべきでしたか

そうなんだけど、エースなんだからね。何とか踏ん張ってもらわないといけないと思うんだけど

Q:対広島が今後も重要になります

まだ試合はあるし、終わったことは変わらない。対広島は次の対戦で考えないといけない。あしたは広島とやるわけじゃないので、気持ちを切り替えていきたい

順位表