GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月4日 対DeNA13回戦・東京ドーム

代打・阿部の2点適時打で猛追も…投手陣崩れ連勝ストップ

写真

七回、代打・阿部が2点打を放ち1点差に迫る

写真

四回、長野が追撃の2点本塁打

写真

八回に登板し、無失点に抑えた上原

 東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの13回戦。巨人先発の田口は二回に先制を許すと、三回には一死満塁のピンチから2本の適時打で4失点。打線は四回、長野の6号2ランで追い上げ、七回には無死二、三塁から代打・阿部の右前2点打で1点差に詰め寄ったが、九回に澤村が3点を失い万事休す。投手陣が崩れた巨人は4対8で敗れ、連勝は3でストップ。今季2度目の4連勝とはならなかった。

 巨人先発は約2か月勝ち星のない田口。初回は無失点で立ち上がったが二回、2者連続三振で二死を奪った後、嶺井に振り逃げで出塁を許す。続くウィーランドに左中間を破る二塁打を浴び、この打球を左翼手・亀井がファンブル。この間に嶺井が一気に本塁を陥れ、先制を許した。しかし田口はその後石川からこの回四つ目となる三振を奪い、最少失点にとどめる。

 田口は三回、一死満塁のピンチを招くと、ソトに詰まりながらも左前へ運ばれ、3点目を失う。さらにその後二死二、三塁から嶺井に左中間を破る2点二塁打を許し、0対5とリードを広げられた。

 打線はDeNA先発ウィーランドに序盤を封じられたが四回、一死から亀井が2打席連続の中前打で出塁。続く長野が初球の変化球を完璧に捉え、左翼席中段まで運ぶ6号2点本塁打を放ち、2対5と3点差に詰め寄る。

 田口は五回、筒香に中越え二塁打を許し、一死二塁のピンチを招いたところで降板。2番手の田原は後続を断ち、追加点は許さない。

 得点を挙げた四回以降沈黙していた打線は七回、先頭の大城が四球、陽が左翼線二塁打でつなぎ、無死二、三塁と好機を作る。ここで代打・阿部が追い込まれながらも、右前に2点打を放ち、4対5。ここで先発・ウィーランドが降板。巨人は2番手・パットンをさらに攻め、田中俊の左前打で一死一、三塁と一打同点の好機を作る。しかし、マギーが三振、岡本が二ゴロに倒れ、絶好の得点機を逸してしまう。

 巨人は六回以降、アダメス、上原のリリーフ陣が無失点でつないだが、九回にマウンドへ上がった澤村が戸柱に一死満塁から右中間3点二塁打を浴び、差は4点に。打線も最終回、DeNA守護神・山崎から得点を奪うことができず、4対8で敗れた。巨人は阿部がここぞの場面で勝負強さを見せたが投手陣が崩れ、連勝は3でストップ。今季2度目の4連勝とはならなかった。

今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(岡本は)本人が一皮むけるためにもここは乗り越えなくちゃいけない所かなと思う

Q:序盤の5失点が重く響きました

やっぱりそうだね。田口だね。ちょっと何とかしないといけない

Q:七回は一気にいければ

阿部で何とか流れを変えたいという所でいい1本を打ってくれて。そこでもう1点、何とか追いつく所までは行きたかった。その後、何とかワンチャンスという所で最終回を迎えたかったんだけどね

Q:岡本の無安打が続いています

ただ、いい当たりもあったりね、当然いい当たり悪い当たりが必ずしも(そのまま)安打になったり(ならなかったりを分ける)という訳ではないんでね。1本出ればまた変わるとは思うし、アウトの中にもいい当たりはあるんでね。何とかここをね、当然、本人が一皮むけるためにもここは乗り越えなくちゃいけない所かなと思う

順位表