GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月5日 対DeNA14回戦・東京ドーム

岡本33打席ぶりの安打となる適時二塁打を放つも、投手陣粘れず5位転落

写真

三回、岡本の適時二塁打で1点を返す

写真

六回、先頭の陽が右中間スタンドへ第4号本塁打

写真

八回、代打・阿部の中前適時打で4対6

 東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの14回戦。2点を追う三回、巨人打線は一死一、三塁から4番岡本の33打席ぶりの安打となる左中間適時二塁打、長野の遊ゴロが敵失を誘い試合を振り出しに戻す。しかし四回、巨人先発・山口俊が戸柱のソロ本塁打などで2点を奪われ勝ち越されてしまう。四回以降DeNA先発の今永を打ちあぐねていた打線は六回、陽が右中間に第4号のソロ本塁打を放ち意地を見せたが、七回には2番手・中川もソトのソロ本塁打を浴びてしまい、点差を縮められない。6-3と3点を追う八回、一死二、三塁から代打・阿部が中前適時打を放ち2点差に迫った。しかし最終回は、DeNAの守護神・山崎に三者凡退に抑えられ試合終了。終盤の粘り及ばず5位転落となった。

 巨人先発の山口俊は初回、先頭の桑原に右中間二塁打を打たれると、野選と二盗で無死二、三塁から宮崎の遊ゴロの間に先制を許してしまう。

二回を三者凡退に抑え立ち直りの兆しを見せた山口俊だったが三回、桑原に右前打で出塁を許すと、足を使われ一死二塁のピンチを招く。宮崎に左前に運ばれ2点目を奪われた。

 巨人打線はその裏、田中俊が四球を選ぶと、マギーが左前打で続き、一死一、三塁のチャンスを作る。この場面で4番・岡本に6月26日広島戦以来、33打席ぶりの安打となる左中間適時打が飛び出し1点差に。さらに一死二、三塁から長野の遊ゴロが敵失を誘い、同点。試合を振り出しに戻した。

 しかし、山口俊は直後の四回、戸柱の右翼席へ飛び込むソロ本塁打を浴び、すぐさま勝ち越しを許す。さらに一死満塁のピンチで、乙坂の併殺崩れの間にもう1点を加えられてしまった。五回にも1点を失った山口俊は、6回を5失点でマウンドを降りた。

 四回以降DeNA先発の今永から無安打に抑えられていた打線は六回、陽が右中間に第4号のソロ本塁打を放ち意地を見せる。

 しかし七回、2番手の中川がソトに左中間スタンドに運ばれ再び3点差に広げられてしまう。

何とかしたい打線は八回、長野、陽の連打で一死二、三塁のチャンスを作り、打席には代打阿部。きっちりと中前にはじき返し2点差に迫る。しかし最終回、DeNAの守護神・山崎に三者凡退に抑えられ試合終了。終盤の粘り及ばず5位転落となった。


今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

本人(岡本)が一番少しホッとしているというか、落ち着いてくれるかな。

Q:岡本選手に1本、安打が出ました

本人が一番少しホッとしているというか、落ち着いてくれるかな。ここにくるまでもいい当たりが正面にいったりね。それも野球のひとつ。また気分が変わってくれればいい

Q:点を取った後にすぐに取られる展開

そこもそうだし、どの1点というより、どの点も抑えていかないとなかなか追い上げていくのは難しいよね

Q:あしたは広島戦。失点をなるべく少なくしたい

それは相手問わず、そうやっていかないとなかなか追い上げるのも難しいし、勝っていくには大きなところになる

順位表