GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

7月7日 対広 島12回戦・東京ドーム

終盤の追い上げ及ばず敗戦…被弾5本で5位転落

写真

6回2失点の先発・内海

写真

七回、右前打を放った長野

写真

八回、左中間適時二塁打の坂本

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの12回戦。打線は初回にマギーの二塁打、二回には長野の安打と盗塁で先制のチャンスを得るが、相手先発野村からあと一本が出ず、無得点に終わる。一方、巨人先発の内海は走者を背負いながらも序盤を無失点に切り抜けるが、四回に鈴木、五回には丸にソロ本塁打を浴び2点を失う。八回には2番手の田原が丸に二打席連続となる右越えソロを許すと、九回には3番手の中川が西川、会沢に二者連続ソロを浴び突き放された。打線は八回に坂本の適時二塁打、九回には大城の内野ゴロで2点を返すも、反撃はここまで。2対5と相手の一発攻勢の前に敗れた巨人は、このカードを1勝1敗の五分とし、リーグ順位は5位に転落した。

 巨人先発は内海。初回を三者凡退に抑える立ち上がり。三回には先頭の会沢に安打を許すも、続く野村のバントを大城がすばやく二塁へ送球。好守備で併殺に仕留めピンチの芽を摘んだ。

 一方の打線は初回。相手先発の野村から、マギーが左中間二塁打で出塁。二死ながら得点圏に走者を置くも続く岡本が倒れ、先制点は奪えなかった。二回にも長野が右前打を放ち出塁。二盗を仕掛け、一時はアウトを宣告されるもリクエストの結果、判定が覆り二死二塁と再び先制のチャンスを作った。しかし、続く陽が倒れ無得点。その後は野村を捉えることは出来ず、五回を終えて散発2安打、無得点に抑え込まれた。

 好投を続けていた内海だったが、四回、先頭の鈴木に左中間ソロ本塁打を浴び先制を許してしまう。五回にも二死から丸に左中間へのソロ本塁打を浴び、五回を被安打4、2失点で折り返す。

 七回、内海に代わり2番手の田原が登板。相手打線を三者凡退に抑える。するとその裏、マギーの内野安打、長野の右前打で二死ながら一、二塁と本塁打が出れば逆転の好機を迎える。ここで打席には大城。10球に及ぶ粘りを見せるも最後は内野ゴロに倒れ、好機を生かすことは出来なかった。

 八回、この回も続投した田原だったが、先頭の丸に二打席連続となる右越えソロ本塁打を浴び、点差を広げられてしまう。その裏、なんとしても追いつきたい巨人は相手2番手ジャクソンを攻め立てる。一死から代打・宇佐見が右中間へ二塁打を放つと、続く坂本に左中間を破る適時二塁打が飛び出し、なんとか1点を返した。

 九回、マウンドは3番手の中川。しかし先頭の西川、続く会沢に二者連続のソロ本塁打を浴び、ダメ押しとなる追加点を奪われてしまった。その裏、相手守護神中崎から亀井の二塁打などで一死三塁とすると大城の内野ゴロの間に、亀井が生還。1点を返すも反撃はここまで。2対5で敗れた巨人はこのカードを1勝1敗の五分とした。


「今日のハイライトを ジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」

監督インタビュー

九回の2失点は痛いよね

Q:投手陣が何とか少ない失点で粘らないと

んー、ねえ。そうだね。本塁打5本だもんなあ。本塁打はなかなか打てと言ってもそう簡単に打てるもんじゃないんで、防がないといけない

Q:坂本選手が追い上げムードの一打を放つところはさすが

だからこそ、(その直)前の失点だったり、九回の2失点は痛いよね。追い上げていこうという中なので

順位表