GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

8月22日 対DeNA19回戦・横 浜

吉川光好投も1球に泣き、零封負けで勝率5割復帰ならず

写真

7回2失点の吉川光

写真

一回、重信が二盗、悪送球で三塁へ進む

写真

四回一死、マギーが左翼線へ二塁打

 横浜スタジアムで行われた横浜DeNAベイスターズとの19回戦。巨人は勝てば勝率5割復帰となる試合、序盤は先発・吉川光とDeNA先発・井納の投手戦となった。試合が動いたのは四回、吉川光が宮崎にこの試合初安打を打たれると、続く筒香に2点本塁打を左中間スタンドに叩き込まれ先制を許す。一方の巨人打線は、初回一死三塁の好機を逃すと、井納のコーナーを突く丁寧な投球の前に七回まで3安打無得点に抑えられてしまう。八回に井納の後を受けたパットンから二死満塁のチャンスを作ったが、マギーが3番手の三嶋の前に右飛に倒れ、ホームが遠かった。8月はこの試合前まで3戦全勝と好調だった吉川光は7回4安打2失点と、好投したが一発に泣き、敗戦投手となった。チームの連勝は3で止まり、またも勝率5割復帰ならなかった。

 巨人打線は初回、先頭の重信が右前打で出塁すると二盗と捕手の悪送球で一死三塁と、DeNA先発・井納の立ち上がりを攻める。しかし続くマギー、岡本が見逃し三振に倒れ先制のチャンスを逃した。

 一方、巨人先発の吉川光はその裏、先頭の大和を四球で歩かせると一死二塁のピンチを背負ったが、宮崎、筒香を内野ゴロに抑え無失点で切り抜ける。

 二、三回と三者凡退に倒れていた打線は四回、マギーの左翼線二塁打で一死二塁のチャンスを作る。しかし、岡本が空振り三振、阿部が投ゴロに倒れ、ここもあと1本が出ない。

 その裏、三回まで無安打に抑えていた吉川光だったが、宮崎に初安打となる左前打を打たれると、続く筒香に左中間スタンドに2点本塁打を叩き込まれ先制を許してしまう。

 五回以降も巨人打線は、井納のコーナーを丁寧につく投球に翻弄され、反撃の糸口を見い出せない。五、六回と三者凡退に倒れると、七回は無死からマギーが左前打で出塁するも後続が倒れた。

 吉川光は、本塁打こそ打たれたものの7回を投げ4安打2失点の好投で、マウンドをリリーフに託し、味方の援護を待つ。

 巨人打線は八回、井納の後を受けたパットンから先頭の山本が右前打で出塁すると敵失と四球で二死満塁のチャンスを作り、打席にはこの日2安打のマギー。しかし、パットンから代わった三嶋に右飛に抑えられ、継投にかわされた形となった。

 八回は2番手・田原が登板し走者を背負うものの無失点でつなぎ、最終回の攻撃に望みを託す。だが、最後はDeNAの守護神・山崎に三者凡退で締めくくられ試合終了。DeNA投手陣の前に4安打無得点に抑えられ、一発に泣いた巨人。チームの連勝は3で止まり、勝率5割復帰とはならなかった。


 今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!

監督インタビュー

(吉川光は)良かったと思うよ

Q:吉川光投手は7回2失点の投球でした

良かったと思うよ。本塁打というのは良くはないけど、この球場でね。あれくらいだったんじゃないかな。そこは責めきれないかなと思う

Q:相手の井納投手も調子は良さそうでした

調子は良かったかどうかは知らないけど、でも点を取らないと勝てないからね

Q:主軸がうまく攻められた印象です

だから打てませんという訳にはいかないんでね

順位表