GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

8月24日 対阪 神19回戦・東京ドーム

メルセデスが来日初完封・初安打・初打点、チームは2位に浮上

写真

被安打2で来日初完封のメルセデス

写真

四回、メルセデスが来日初安打の適時二塁打

写真

二回一死満塁、山本が押し出し四球、岡本が生還

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの19回戦。巨人先発は4勝目を目指すメルセデス。初回から安定した投球を続け、五回まで無安打投球を続ける。六回に初安打を許したものの、その後は3人を続けて打ち取り崩れる兆しを見せない。メルセデスはその後も危なげない投球で、被安打2、113球で来日初完封を達成した。打線は二回に四球と2本の単打で一死満塁とすると、山本が四球を選び、押し出しで先制。さらに四回には二死一塁からメルセデスが来日初安打・初打点となる左中間適時二塁打で追加点を挙げた。メルセデスの投打に渡る活躍で、2点のリードを守りきった巨人は連敗を2で止めた。ヤクルトが敗れたため2位に浮上した。

 巨人先発はメルセデス。テンポの良い投球で二回まで三者凡退に抑える立ち上がり。
一方、2試合連続の零封負けを喫していた打線は二回、先頭の岡本がフルカウントから四球を選ぶと、続く阿部が中前打で無死一、二塁とする。一死後、大城が右前打でつなぎ満塁とすると、山本が押し出しの四球を選び、23イニングぶりの得点で先制した。

 メルセデスは三回以降も安定した投球を続ける。低めを丁寧に突く投球で阪神打線を寄せ付けない。四回には、二死から山本が右前打で出塁すると、九番・メルセデスが左中間適時二塁打を放ち、自らのバットで追加点を挙げた。これで、メルセデスは来日初安打、初打点を記録した。

 六回、メルセデスは代打・ナバーロに中前打を許し、これがこの試合、初被安打。それでも続く植田のバントを好判断で二塁に送球し封殺、進塁を許さない。その後も打たせてとる投球で確実にアウトを重ね、0点に抑える。八回、先頭の俊介に遊撃内野安打で出塁を許し、代打攻勢をかけられるが、後続の3人できっちり抑え、阪神打線に付け入る隙を与えない。

 九回もマウンドに上がったメルセデス。三者凡退に抑え、9回を被安打2、与四球2、7奪三振、113球の熱投で来日初完封勝利を挙げた。また、球団史上初の育成出身選手での完封勝利を達成した。

 「今日のハイライトをジャイアンツライブストリームで配信中!見逃した場面、もう一度見たいあのシーンを、パソコン、スマートフォンでプレイバック!」

監督インタビュー

(メルセデスは)一人でとは言わないけど大活躍の一日だね

Q:きょうは何と言ってもメルセデス投手です。安心して見ていられました

もうね、きょうはヒットも打ったし、一人でとは言わないけど大活躍の一日だね。ずっとリズム良く投げてくれたかなと思うし、安定したピッチングをしてくれた

Q:初ヒットが貴重な適時打になりました

正直、あまり期待してなかったけどね、ビックリしたよ

Q:大城選手が15球粘った後、山本選手が安打で出塁してメルセデス投手の適時二塁打。一連の攻撃も評価できます

本塁打が惜しくもファウルになって残念だったけど、(大城が)よく粘って雰囲気を変えてくれたのかなというのもある。八番、九番打者で取ったのは非常に大きい1点だった

Q:この流れはあした以降につなげたい

きょう締まった試合をしたので、あしたは菅野に期待したい

ヒーローインタビュー

「本当にスーパースーパー嬉しいです」来日初完封、初安打を記録したメルセデス

写真

Q:お立ち台に立った気分は 

きょうは非常に気分が良いです。初完封、そして初めての安打を打つことができて嬉しいです 

Q:来日初完封勝利、最後に打ち取った時にはどんな思いでしたか 

スーパーがたくさんつくほど、本当に嬉しく思います。本当にスーパースーパー嬉しいです 

Q:メルセデス投手の完封勝利は、ジャイアンツの育成出身選手としては初めての完封となりました 

今まで練習してきた甲斐があったと思っています。まだ続きますので、これからもたくさん練習してチームを助けるようなピッチングをしていきたいと思います 

Q:初安打、初打点おめでとうございます 

完封と初安打がこういう風に同じ日に達成できると思ってなかったので、同じ日に二つのことが達成できて本当に嬉しいです 

Q:今日は初ヒット初打点のボールと、完封勝利のボール、2つ記念のボールがきたかと思います。その2球、どうされますか 

この二つのボールは僕自身にとって非常にスペシャルなものなので、しっかり管理したいと思っています 

Q:まだまだ試合が続きます。これからの戦いに向けて一言 

いつも通り、しっかりまた練習して、自分のできることをやって、自分の投球面で言うと、低めに投げるということを意識して、チームの勝利に引き続き貢献したいと思っています 

順位表