GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ダイジェスト

GAME RESULT
試合結果

10月19日 対広 島3回戦・マツダ

好機であと一本出ず、リーグ覇者・広島に惜敗…CSファイナル全敗で巨人の18シーズン終了

写真

六回、左翼線二塁打で出塁した坂本

写真

六回、左前適時打を放ったマギー

写真

八回、中前打の田中俊

写真

ファンに一礼するナイン

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの「2018 マツダ クライマックスシリーズ セ ファイナルステージ」第3戦。日本シリーズ進出に向けてもう一つも落とせない巨人だったが、先発・今村が不安定な立ち上がりを捉えられ、三回途中3失点で降板する。巨人はこれ以上の失点を防ぐべく中継ぎ陣に後を託すが、内野の失策などもからんで五回にさらに2失点を喫する。一方の打線は相手守備の失策や四球などで再三走者を出したが、広島先発・九里の前に五回まで無安打に抑えられるなど、好機にあと一本が出ず、六回にマギーの適時打で1点を返すのが精一杯だった。巨人はセ・リーグ三連覇の広島にこのファイナルステージで3連敗し、惜しくも日本シリーズ進出はならず。これで巨人の2018年シーズンが終了した。

 崖っぷちの状況でマウンドへ送られたのは、今季6勝の今村。初回、先頭の田中に死球を与えると、いきなり一死二塁のピンチを迎える。しかし、丸、鈴木を抑え無失点で切り抜ける。

 2試合で2得点と調子の上がらない打線は、この日もあと一本が出ない。初回を三者凡退で終えた後の二回、無死から岡本が三塁失策で出塁し、無死二塁の好機が訪れる。だが、阿部、長野が倒れると、二死一、二塁とした後も小林が空振り三振でチャンスを潰してしまう。3回には一死一塁で田中俊が遊撃併殺打に倒れ、走者を生かせない。歯がゆい試合展開が進む。

 対照的に、効率の良い攻撃を続ける広島打線。2回、今村は先頭のメヒアに左翼線二塁打を浴びると野間にも初球を右翼線二塁打とされ、あっさり先制点を与える。さらに、安部の一ゴロの間にも三塁走者の野間が生還し、2点のビハインドとなる。

 さらには三回。今村は二死まで簡単に討ち取るが、丸に甘く入ったカーブを狙い撃ちされ、右越えソロを叩き込まれる。今村は続く鈴木に四球を与えたところで降板。三回途中3失点と大事な一戦で試合を作れず、2番手・野上にマウンドを譲る。

 追う展開になっても巨人打線に火が付かない。四回は三番からの好打順だったが三者凡退。同じく五回も三者凡退で、攻撃時間があっさりと過ぎていく。

 すると五回、3番手の中川が一死一、二塁のピンチを作って降板し、4番手の澤村が鈴木を四球で歩かせる。満塁の場面で野間の遊ゴロを坂本が失策し、その間に2点を追加される。

 意地を見せたい打線は、六回に坂本の打球が三塁ベースを襲い、チーム初安打。二死後、マギーが左前適時打を放ち、ようやく1点をあげる。

 巨人の中継ぎ陣は、七回から登板した吉川光が2イニングを完全投球でまとめ、反撃への足がかりをつくる。

 八回、最大の好機が訪れる。二死から田中俊が中前打、マギーが四球でつなぎ、打席には四番・岡本。前の打席、17打席目でCS初安打を放った主砲は、フランスアのストレートを狙い打つ。しかし、打球は力のないファウルフライとなり、一発で1点差の好機を逃してしまう。

 九回は阿部、長野が簡単に倒れ、二死から代打・ゲレーロが送られるが、フランスアの高めの速球にバットが空を切り、ゲームセット。ヤクルトとのCSファーストステージを2連勝した巨人だったが、ファイナルステージ3連敗となり日本シリーズ進出は果たせなかった。これで巨人の2018年シーズンが終了した。

監督インタビュー

勝てなかったという結果がすべてなので

Q:試合のペースをつかめませんでした

なかなかね、(監督を)やってる間は広島にはいい戦いができなかったね

Q:打てませんでした

別にそれを振り返ってもしょうがないよ。勝てなかったという結果がすべてなので

Q:戦い切った、と感じますか

勝ってないのでね。何とも言えないけど、自分なりには精一杯やったつもりだよ

Q:岡本選手、田中俊選手にも安打が出ました

ずっと出てなかったのでね。最後に1本出て、これからにつながればね

Q:最後はカープファンからも拍手が送られました

去っていく人にはありがたいね

Q:巨人ファンに向けて

改めて今度言います

順位表