ヴィーナスとジャビットが練馬区の幼稚園児と交流

2017.05.22

 読売巨人軍の社会貢献活動「G hands」の一環として、ヴィーナスとジャビットが22日、東京都練馬区の大泉富士幼稚園(高橋政俊園長)を訪問し、総勢315人の園児たちとダンスなどで交流しました。

 ヴィーナスとジャビットが登場すると園児たちは、「ヴィーナスのおねえさんキレイ!」「ジャビットくんかわいい!」と興奮。まずはヴィーナスのお手本に合わせて「恋するフォーチュンクッキー」のリズムで踊ってウォーミングアップ。その後は「鳴き声ゲーム」や「まねっこゲーム」で楽しく遊びました。最後は「あいうえおんがく」のメロディーに乗って、ポンポンを使いながらダンスをしました。

 楽しくダンスを終えた園児たちに、ヴィーナスからジャイアンツオリジナルキャップをサプライズプレゼント。1人ずつキャップをかぶせてもらって、大喜びでした。

 最後にヴィーナスの風見和さんが「今日は暑かったけどみんな元気に頑張りましたね。お姉さんたちもみんなに会えてとても楽しかったです。今日みんなでお友達を応援したみたいに、これからも頑張っているお友達を応援してあげてください。今日はありがとうございました」とあいさつをしました。

 高橋政俊園長は、「ジャイアンツファンの子供たちが多く、みんなこのイベントを本当に楽しみにしていました。暑かったけれどいつも以上に元気な姿を見せてくれて、みんなとても楽しそうでした。ヴィーナスのみなさん、ジャビット君、ありがとうございました」と話していました。