福祉施設児童らを巨人戦に招待 「ドリームボックス」募集開始~G handsプロジェクト

2018.03.07

 読売巨人軍と読売巨人軍選手会(菅野智之会長)は、社会貢献活動「G hands」プロジェクトの一環として、福祉施設で暮らす方や身体に障害を持つ方などを東京ドームの巨人戦に招待する「ドリームボックス」を今シーズンも実施します。試合終了後にはグラウンドに下りて記念撮影などを楽しんでいただけます。

 本日から下記の要領で観戦希望者を募集いたします。ご応募をお待ちしています。

◆招待対象者◆
・福祉施設(児童養護施設、介護施設など)で暮らす方
※福祉施設で働く方の同行も可能です。
・身体等に障害がある方(車いす利用者を含む)
※身体障害者手帳か療育手帳(愛の手帳など)をお持ちの方。
付添いの方の同行も可能です。
・地震や風水害などで被災された方
※罹災証明書又は被災地の住民票など、被災を証明できる書類をお持ちの方。
招待は原則として、被災者本人に限らせていただきます。

◆招待試合◆
4月15日(日) 広島戦
4月30日(月・振替休日)ヤクルト戦
5月20日(日) DeNA戦
6月10日(日) 西武戦
6月24日(日) ヤクルト戦
7月29日(日) 中日戦
8月19日(日) 中日戦
9月22日(土) ヤクルト戦
(いずれも午後2時試合開始)
※各試合80人程度、指定席Bに招待します。

◆応募方法◆
応募受付サイトにアクセスして必要事項を記入の上、申し込み下さい。
※応募にはメールアドレスが必要です。
※施設など団体での観戦希望に関しては別途ご相談に応じます。
※観戦希望日の2週間前までに案内状を郵送します。応募者多数の場合は抽選となり、当選発表は案内状の発送をもって代えさせていただきます。

≪協力団体≫
 読売光と愛の事業団、日本赤十字社、日本骨髄バンク

≪問い合せ先≫
読売巨人軍ファン事業部
03-3246-2708(平日10:00~18:00)