陽岱鋼選手が象の保護を呼びかけ

2018.03.08

 陽岱鋼選手が8日、都内で象の保護を訴えるキャンペーンの動画披露記者会見に参加しました。世界的な動物保護グループ、ヒューメイン・ソサエティー・インターナショナル(Humane Society International、HSI)の活動に賛同した陽選手はHSIのホームページで公開される動画に出演し、象の保護を呼びかけました。

 陽選手は「自分の娘が大人になる頃には野生の象が存在しないかもしれないということを知り、悲しい気持ちになった。動物たちを守りたいと思い、この活動に賛同しました」と話しました。

 陽選手が主役を務めた動画は日本語と中国語で本日より公開されます。動画はこちらからご覧いただけます。

 読売巨人軍の社会貢献活動「G handsプロジェクト」では陽選手の活動を全面的にサポートしていきます。