菅野智之投手が介助犬育成普及に向けた支援金を贈呈
~「菅野基金」設立~

2015.12.03

菅野智之投手が3日、千代田区大手町の球団事務所で社会福祉法人日本介助犬協会 橋本久美子会長に介助犬の育成普及に向けた支援金を贈呈しました。

介助犬の実働数が74頭と少ない事実と、世間での介助犬に関する認知度が低いという現状を知り、今回の支援に至りました。

贈呈式にはジャイアンツを長年応援し、今シーズンも3回東京ドームに駆け付けてくれている介助犬ユーザー石井さん夫妻と介助犬クウも参加してくれました。

石井さん夫妻は「来年も是非、東京ドームに応援に行きたいと思います。菅野投手には来年も頑張ってもらいたい」とエールを頂きました。


菅野投手コメント

「介助犬について世間では認知度が薄いということ、実働数が(全国で)74頭ととても少ないという現状を知り、今回支援をすることに決めました。
介助犬について、あまりどういうものか知らなかったのですが、今年初めに橋本(久美子)会長とお会いし話をする機会があり、興味深い内容でしたし、世間にも伝えていかないといけないなことだなと思った。まだ自分もすべてを知っているわけではないので、勉強して役に立てるように努力していきます。」

菅野投手は、今回の支援をきっかけに「菅野基金」を設立し、今後も様々な社会貢献活動を行っていく予定です。

選手、球団職員、そしてファンの皆様が手を取り合って、より良い社会を目指すG
handsプロジェクト。今後も様々な活動を展開していきます。

※介助犬…

手や足に障害のある方を手助けするために特別な訓練を受けた犬。介助犬は利用者の
着替えを手伝ったり、落し物を拾ったり、日常生活の補助をしている。

厚生労働省によると、全国で実働する介助犬は74頭(2015年11月1日現在)。

身体障害者補助犬法の成立によって利用者と介助犬が飲食店や病院などで同伴できる
ことになったが、日本介助犬協会によると、同伴を拒否されることも依然として多
く、介助犬に関する世間の認知度アップが課題だという。