ジャイアンツアカデミーコーチ 8、9月は6園を訪問

その他

    写真
    アカデミーのコーチから「投げる」の指導を受ける園児たち
    写真
    みんなコーチの話を真剣に聞いてくれています
    写真
    力強いボールを投げられていました

     ジャイアンツアカデミーのコーチが「打つ」「投げる」の動作を教える「幼稚園・保育園訪問」が、8月、9月に6つの園で行われ、計186人の園児を指導しました。訪問は、東京都の「オリンピック・パラリンピック教育推進支援事業」の一環として読売巨人軍が実施しているものです。

     訪問先の園児には、「TOKYO」の文字が刺しゅうされたオリジナルキャップと、野球の基本ルールが学べる、巨人軍制作のリーフレット「野球であそぼう!」を一人ひとりにプレゼントしました。

    <8月、9月の訪問先>
    8月30日(木)  江戸川区太陽の子東葛西保育園
    9月 4日(水)  江東区立なでしこ幼稚園
    9月 5日(木)  墨田区立曳舟幼稚園
    9月10日(月)  新宿区早稲田フロンティアキッズ
    9月19日(水)  中央区立十思保育園
    9月25日(火)  多摩市こばと第一保育園

     9月5日に訪問した墨田区立曳舟幼稚園では、年長1クラス34人が参加しました。2班に分かれて「打つ」と「投げる」を体験。園児らはコーチの説明を真剣に聞いて練習しました。その後は、チーム対抗で「的当て」と「ホームラン競争」を行い、園庭には「やったー!」という歓喜の声や「頑張れー!」とチームメイトを応援する声が響きました。

     現在も、都内の幼稚園・保育園を対象に2019年3月末までの訪問先を募集しています。まずはお気軽にご相談ください。お問い合わせ、お申し込みは、こちらの問い合わせフォームから

      一覧に戻る