2連勝でファイナル進出、菅野投手がCS史上初のノーヒットノーラン

チーム

    写真
    CS史上初のノーヒットノーランを達成した菅野投手

     神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの「2018 マイナビ クライマックスシリーズ セ ファーストステージ」第2戦。巨人はエース菅野投手がクライマックスシリーズ史上初のノーヒットノーランを達成する快投、打線が3本塁打で援護し、2連勝でファイナルステージへと駒を進めました。試合は二回、長野選手の中越えソロ本塁打で1戦目に続いての先制に成功。さらに四回はマギー選手、亀井選手にも本塁打が飛び出し4対0と一発攻勢で主導権を握りました。菅野投手はコーナーを丁寧に突く投球で、ヤクルト打線をまったく寄せ付けません。六回まで一人の走者も許さない完璧な投球。七回に山田哲選手に四球を与え、完全試合は逃しましたが、最後まで安打を許すことなく、九回も3人できっちり締めました。菅野投手は113球、7奪三振1四球の内容でヤクルト打線を無安打無得点に封じました。巨人はヤクルトに2連勝でファーストステージを突破。2015年以来となるファイナルステージ進出を決めました。日本シリーズをかけ、17日から広島とマツダスタジアムで対戦します。

     試合の詳細はこちらから

      一覧に戻る