マギー選手の適時打で反撃も、投打に振るわずCSファイナル初戦を落とす

チーム

    写真
    六回、適時打を放ったマギー選手

     マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの「2018 マツダ クライマックスシリーズ セ ファイナルステージ」第1戦。巨人先発・メルセデス投手は初回、内野ゴロの間に先制を許します。四回には鈴木選手に左越え2点本塁打を浴びるなど四回途中4失点でマウンドを降りました。一方、打線は広島先発・大瀬良投手から六回にマギー選手が放った適時打の1点のみに抑えられ、リリーフ陣も追加点を奪われて1対6で敗れました。巨人はファイナルステージ初戦を落とし、対戦成績は広島のアドバンテージを含めて0勝2敗となりました。

    試合の詳細はこちらから

      一覧に戻る