読売巨人軍がスピードアップ賞を受賞

チーム

    写真
    写真

     読売巨人軍が18日、今シーズンの「ローソンチケット スピードアップ賞」を受賞しました。

     同賞は、試合をスピーディーに進めた選手及びチームにコミッショナー表彰として贈られるものです。チーム表彰で、巨人軍は今季のレギュラーシーズンにおいての平均試合時間(9回試合のみ)が3時間9分台となり、同じく3時間9分台のDeNAをわずかに上回ってセ・リーグで最も短くなりました。パ・リーグ選出のオリックスとともに、それぞれ賞金100万円が贈られます。巨人軍の受賞は同賞が制定された2016年から3年連続となります。

      一覧に戻る