好機であと一本出ず、リーグ覇者・広島に惜敗…CSファイナル全敗で巨人の18シーズン終了

チーム

    写真
    六回、左前適時打を放ったマギー選手

     マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの「2018 マツダ クライマックスシリーズ セ ファイナルステージ」第3戦。日本シリーズ進出に向けてもう一つも落とせない巨人でしたが、先発・今村投手が不安定な立ち上がりを捉えられ、三回途中3失点で降板します。巨人はこれ以上の失点を防ぐべく中継ぎ陣に後を託しますが、内野の失策などもからんで五回にさらに2失点を喫します。一方の打線は相手守備の失策や四球などで再三走者を出しましたが、広島先発・九里投手の前に五回まで無安打に抑えられるなど、好機にあと一本が出ず、六回にマギー選手の適時打で1点を返すのが精一杯でした。巨人はセ・リーグ三連覇の広島にこのファイナルステージで3連敗し、惜しくも日本シリーズ進出はならず。これで巨人の2018年シーズンが終了しました。

     試合の詳細はこちらから

      一覧に戻る