宮崎秋季キャンプ2日目、早くも実戦スタート

チーム

    写真
    白組先発の田口投手
    写真
    紅組先発の大江投手
    写真
    紅組・和田恋選手が先制本塁打
    写真
    2安打3打点の立岡選手
    写真
    宮國投手に熱くアドバイス
    写真
    小林選手が合流
    写真
    元木コーチの指導スタート

     宮崎秋季キャンプ2日目の1日、早くも実戦となる紅白戦(6回制)が行われました。

     チームの振り分けだけ首脳陣が指示し、スタメンオーダーなどは白組が石川慎吾選手、紅組は田中俊太選手が中心となって自分たちで決めるスタイルで行われました。

     白組・田口麗斗投手、紅組・大江竜聖投手の両先発が、いずれも3回を1安打無四球無失点に抑える好投を見せました。

     四回、白組の2番手・池田駿投手から紅組の4番・和田恋選手が左中間に本塁打を放って先制しました。

     その裏、紅組の2番手・田中優大投手の制球が定まらず、2つの四球でピンチを招くと、立岡宗一郎選手の適時打で同点。さらに四球で満塁としてしまい、石川慎吾、宇佐見真吾両選手の連続犠飛で3対1と勝ち越しを許しました。

     五回、紅組の笠井駿選手が内野安打で出塁。池田投手の暴投で二塁に進み、後続の内野ゴロ2つで生還し、3対2と1点差に迫りました。

     その裏、田中優投手が一死満塁から立岡選手にこの日2本目の安打となる左前2点適時打を浴びて、5対2と突き放されました。

     六回は白組・田原誠次投手、紅組・坂本工宜投手がそれぞれ無失点に抑え、5対2で白組が勝ちました。


    イニングスコア(6回制)
    紅組 000 110|2 
    白組 000 320|5

    <投手リレー>
    白組 田口(3回)→池田(2回)→田原(1回)―岸田
    紅組 大江(3回)→田中優(2回)→坂本工(1回)―宇佐見→大城→宇佐見

    <本塁打>
    紅組 和田恋(四回、ソロ)

    <スタメン>
    紅組
    1(中)重信慎之介
    2(二)田中俊太
    3(遊)若林晃弘
    4(左)和田恋
    5(三)北村拓己
    6(捕)岸田行倫
    7(右)笠井駿
    8(一)加藤脩平
    先発 大江竜聖

    白組
    1(二)吉川尚輝
    2(右)松原聖弥
    3(中)立岡宗一郎
    4(指)大城卓三
    5(左)石川慎吾
    6(捕)宇佐見真吾
    7(遊)山本泰寛
    8(三)増田大輝
    9(一)吉川大幾
    先発 田口麗斗

    ■白組先発の田口麗斗投手
     全体的に良かったと思うが、課題にしているクロスボール(右打者のインコース、左打者のアウトコース)を立ち上がりから投げることができなかったので、残りの期間でその課題をつぶしていきたい

    ■紅組先発の大江竜聖投手
     クロスボールの制度が悪かったし、初球ボール球から入ることも多かった。ストライク先行で攻めることができる制球力をキャンプで磨いていきます

    ■先制本塁打の紅組・和田恋選手
     手ごたえはまあまあでした。(原巨人1号本塁打)光栄です。このキャンプではスイングの強さと速さの向上を目的として練習しています。それに加え、(球をとらえる)確実性を挙げていきたいと思います

    ■2安打3打点の立岡宗一郎選手
     バットを強く振るという課題を持って試合に臨みました。結果にもつながり、アピールできたと思います。引き続き「満振り(フルスイング)」していきます


     午後は、原辰徳監督がこのキャンプで初めてブルペンに行き、投手や捕手の後ろに立ってピッチングをチェックしました。

     中でも宮國椋丞投手には時間を割き、投球練習終了後には身ぶり手ぶりを交えてアドバイスをしていました。

     フォームを修正中の宮國投手は「まだ始めたばかりで良かったり悪かったりの繰り返しだが、このキャンプで自分のものにできるようにしていければ」と話しました。

     この日、発熱のため宮崎入りが遅れていた小林誠司選手が練習に合流、さっそくブルペンで今村信貴投手の球を受けました。

     また、元木大介内野守備兼打撃コーチが宮崎入りし、この日の練習から指導をスタートさせました。

     あす2日もKIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園内で練習が行われます。

      一覧に戻る