宮崎秋季キャンプ、首脳陣が熱血指導~第1クール3日目

チーム

    写真
    元木コーチの打球を滑り込んでキャッチする北村選手
    写真
    勢い余って転がる山本選手
    写真
    打球に飛びつく田中俊選手
    写真
    泥だらけで打球を追う増田選手
    写真
    原監督のマンツーマン指導を受ける山本選手

     宮崎秋季キャンプ第1クール3日目の2日は、前日に合流した元木大介内野守備兼打撃コーチが活気あふれるノックをし、原辰徳監督が長時間、打撃のマンツーマン指導するなど、首脳陣の熱血指導ぶりが際立つ一日となりました。

     午前は、「元気出していこうな」と大きな声で呼びかけた元木コーチが、三塁の北村拓己、増田大輝両選手、遊撃の吉川大幾、山本泰寛、若林晃弘の3選手らにノックを行いました。「逃げてるんじゃないぞ」「あきらめるのが早い」など「愛のムチ」となる言葉を浴びせながらの打球に、「もう1球お願いします」と応える選手の声も自然と大きくなり、スタンドのファンを楽しませました。

     ミスをすると、その後3本連続でキャッチしなければならないというルールで、「くせ者」コーチが左右に打ち分ける打球を、選手たちは泥だらけになりながら必死に追っていました。

     ノックを終えた元木コーチは「動きも良かったし、声も出ていた」と評価しながらも「もっと声は出ると思うし、(言葉を)返してほしいね。しんどい練習だからこそ、明るくやらないと」と注文をつけていました。

     一方、午後の打撃練習では、原監督が山本泰寛選手をマンツーマン指導。「コンパクトに振れ、下半身を使って打てというアドバイス」(山本選手)で、バットを使ってフォームを修正したり、監督自らトスを上げてのティー打撃をさせたりと、その指導はおよそ30分にもおよびました。

     指導を終え、原監督は「ちょっとでもプラスになれば。あとは本人がどう感じるか」と今後の成長に期待を込めました。

     あす3日は、KIRISHIMAヤマザクラ宮崎県総合運動公園内で練習を行うほか、サンマリンスタジアム宮崎で韓国プロ野球・ハンファイーグルスとの練習試合(午後0時30分試合開始)が行われる予定です。

     先発する桜井俊貴投手は「ストレートでねじ伏せます」と意気込みを語りました。

      一覧に戻る