島根と鳥取で「ジャイアンツアカデミーわくわく野球教室」を開催

その他

    写真
    丁寧に指導する河本コーチ(鳥取第1部)
    写真
    みんなで捕球姿勢を確認中(鳥取第2部)
    写真
    味方の活躍に大喜び(島根第1部)
    写真
    みんなで集合写真(島根第2部)

     ジャイアンツアカデミーは、社会貢献や野球の普及、振興を目的とした「わくわく野球教室」を、3日に松江市営球場(松江市)で、4日にコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場(鳥取市)でそれぞれ開催しました。

     教室は第1部(年中・年長の親子)と第2部(小学1~3年の親子)に分けて行われました。両日ともすがすがしい秋晴れに恵まれ、島根の第1部は58組116人、第2部は51組102人が参加。鳥取でも第1部(同)52組104人、第2部は56組112人が集まりました。

     開会式では上田和明ジャイアンツアカデミー副校長が、「けがに気を付けながら、コーチの話をしっかり聞いて、明るく元気よくプレーしてください」と挨拶。

     コーチの指導を受けて、保護者が投げたボールを子どもが打ったり、親子で仲良くキャッチボールを行ったりしました。最後は簡易ルールで試合を行い、子どもたちは必死にボールを追いかけるなど頑張っていました。

     教室の最後に河本育之コーチが、「みんな野球教室を楽しんでくれたみたいですが、きょう学んだことをこれからも続けていってください」と継続することの大切さを伝えていました。

     島根の第1部にいとこ同士で参加した金岡陸斗君(4)と堀歩夢君(6)は「きょうやったこと全部楽しかったです。将来はプロ野球選手になりたいです」と笑顔で話していました。

     鳥取の第2部に参加した坂井凰華さん(7)は「初めて野球をやったけど、楽しかったです。これからジャイアンツを応援します」と野球とジャイアンツが好きになったようでした。

     今回のわくわく野球教室で2018年に開催する10会場がすべて終了しました。2019年も開催予定ですので、ご期待ください。

     指導にあたるジャイアンツアカデミーのコーチのプロフィルはこちら

      一覧に戻る