GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  連載一覧  >  連載詳細

COLUMN
連載

カリブ便り2019

古川投手、首位相手に好投も勝敗つかず

 さあ、きょうは宿敵の首位サントゥルセとダブルヘッダーです。

写真

先発して6回途中1安打2失点の古川投手


写真

好投にナインから握手を求められました/span>


写真

試合前に投球練習する古川投手


写真

首位との熱戦、乱闘も生じました


写真

ダブルヘッダー2試合目用のユニホーム

 差はわずか2ゲーム、2連勝で追いつけるぞ、と意気込む我々マヤグエスですが、1日に2試合ということは、一気にゲーム差を縮めるチャンスであると同時に、がつんとゲーム差を広げられるピンチでもあるわけです。そして、期待も虚しく後者となってしまうのが今のウチ。まさかのダブルヘッダー両落とし、悪夢の5連敗。別カードのダブルヘッダーでは、最下位マナティーがカグアスのホームで両取りしており、何とマヤグエスとマナティはゲーム差なしとなってしまいました。

 ダブルヘッダーの第1試合に先発した古川侑利投手。初球、いきなり先頭打者へ死球をぶつけてしまいます。バントと四球で1アウト一、二塁、捕手のパスボールで二、三塁、サードゴロの間に1失点、という具合に無安打で先制点を与えてしまいました。その後は立ち直り、5回を無安打1失点、スコアは2対1と、勝ち投手の権利を得ました。そして向かった六回、先頭打者にセンター前安打を許したところで監督がマウンドへ。古川投手、残念ながら交代です。何とかリリーフに頑張ってもらいたかったのですが、2対3と逆転されてしまいました。

 宿敵サントゥルセを迎えるということで、「今日は荒れるから、ジャパニーズたちも心の準備をしといてな」とベテランのコーポラン捕手が予言した通りに小競り合いがあり、両軍全選手がグラウンドに出てきました。高田萌生投手は、自軍で乱闘が起きたのは人生初だったそうで、もちろん加わりはしませんが、いわゆる“男の義務”として輪の側にはちゃんと駆け付けていました。両軍の監督が退場になったりと大変な1日でした。

○五回まで無安打1失点、六回途中降板後に救援が打たれて失点2、自責点1の古川投手コメント
 立ち上がり、先頭バッターの初球、インサイドを突いたのが死球になり、やや攻めづらくなって失点につながってしまいました(捕逸のためここでの自責点は0)。ただ、その後は粘り強く投げられ、5回を終了できたのは良かったと思います。

<Yuri Furukawa>
【本日】勝敗つかず
5.0回 被安打1 失点2 自責点1 四球2 三振2 被本塁打0
【通算】1勝2敗 5試合 防御率2.59 WHIP0.99
24.1回 被安打17 失点8 自責点7 四球7 三振19 被本塁打1