GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2016年2月

チーム

桜井投手が対外試合初登板、岡本選手は同点タイムリー

写真

対外試合初登板で3回1失点の桜井投手


写真

同じく初登板で2回無失点の中川投手


写真

七回、和田選手の勝ち越しタイムリーで生
還し、ハイタッチで迎えられる岡本選手

 韓国の起亜タイガースとの練習試合が23日、沖縄セルラースタジアム那覇で行われました。

 この日午前は雨が降っており、球場近くの室内練習場で練習を始めました。天気とグラウンド状態が心配されましたが、読売巨人軍那覇協力会、アルバイト、球団職員の協力でグラウンドが整い、午後2時に試合が始まると雨も上がって、無事練習試合が行われました。

 先発マウンドは、対外試合で初めての登板となるルーキーの桜井俊貴投手。初回から緊張した様子もなく、安打を許してもテンポのいい投球で2回を無失点。三回は四球でランナーを許し、次打者に右中間に運ばれて1失点を許しました。3イニングを2安打1失点で終えた桜井投手は「緊張はありませんでした。低めに決めることをテーマにしていました」とし、打者12人全員に初球ストライクの制球力を見せたことには「初球は大事にしているので、全力で投げた結果だと思います」と述べました。

 2番手も、対外試合初登板のルーキー中川皓太投手。打たせて取る投球で2イニングを6人で終え、「今日も緊張しましたが、抑えたいという気持ちが強かったです。失点0は素直に良かったです」と振り返りました。

 巨人は六回まで得点ができないまま、特別ルールで最終回となる七回、先頭打者に代打で阿部慎之助選手が登場。見事、左中間へのツーベースヒット。阿部選手の代走で出場の長野久義選手が三盗し、岡本和真選手がセンターオーバーのタイムリーツーベースヒットで同点。続く和田恋選手も負けじとレフト前にタイムリーヒットを放ち、勝ち越しました。最後は矢貫俊之投手が締めくくり、逆転勝利となりました。
 
巨人:000 000  2
起亜:001 000  0
 ※練習試合のため、特別ルールで7回終了

(巨人)桜井3回、中川2回、戸根1回、矢貫1回-河野、鬼屋敷