GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2017年11月

チーム

ファンフェスタに4万人、4選手の引退セレモニーも

写真

引退選手セレモニーを終え、記念撮影をする4選手


写真

池田投手が4万人のファンの前でピアノ演奏


写真

辻選手はリフティングを披露


写真

自転車に乗ってスタンドに手を振る高木勇選手

 恒例のファン感謝イベント「ジャイアンツ・ファンフェスタ2017」が23日、東京ドームで行われ、4万300人のファンが選手たちと楽しい時間を共有しました。相川亮二、片岡治大、松本哲也、藤村大介の4選手の引退セレモニーも行われました。

 4選手は、それぞれの登場曲が流れる中、ユニホーム姿でグラウンドに登場。「生まれた時からジャイアンツファンの家族で育ち、ジャイアンツの帽子をかぶって遊び、作文に書いた『巨人にドラフト1位で入団し、本塁打王と盗塁王を獲る』という夢の2つをかなえて、ジャイアンツ以外のユニホームを着てプレーすることを想像できなかった」(藤村選手)、「プロ野球選手としては小さい体ですが、みなさんが後押ししてくれて、いいプレーが出来た」(松本選手)、「また皆様の前でプレーがしたかった、まだまだ走っていたかったが、僕の体はもう限界。いい時も悪い時も応援していただき、ありがとうございました」(片岡選手)、「苦しい思い出しかないが、プロ野球の友人、ファンの方々と戦ってきたことが、一番の宝」(相川選手)などとあいさつし、スタンドから大きな拍手を受けました。

 その後4人は、場内を一周。松本選手は涙を流す長女の手をひき二女をだっこして、スタンドに手を振りながら歩きました。そしてベンチ前で待ち受けた選手たちから一人ひとり胴上げされました。

 ファンフェスタではその他、来年の新入団選手16人の紹介や、サイン会、写真撮影会のほか、池田駿選手のピアノ、青山誠選手の形態模写、辻東倫選手のサッカーボールでのリフティング、加藤脩平選手の「ボイスパーカッション」が披露されたり、「ジャイアンツ大運動会」で選手たちがファンといっしょに借り物競争、綱引き、大縄跳びなどで盛り上がりました。

 プロ野球通算本塁打10万号達成を記念したNPB企画のビッグ チャレンジプロジェクト「憧れの選手と1打席対決」では、応募で選ばれた少年と坂本勇人選手が対決!空振り三振に仕留めた少年の勝ちでした。

 最後に選手全員がマウンド付近に整列し、坂本主将が「今シーズンは4位というふがいないシーズンになってしまいました。オフは選手一人ひとりがトレーニングに励み、来年必ず監督を胴上げできるよう、選手一同、頑張っていきます。今後も変わらぬご声援よろしくお願いします」とあいさつしました。