GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2018年8月

その他

大淀ボーイズが初優勝! 中学硬式野球の頂点に~ジャイアンツカップ閉幕

写真

写真

先制のスクイズを決めた岸野桂大選手(大淀ボーイズ)


写真

選手たちに胴上げされる小林将起監督


写真

高橋由伸監督からジャイアンツカップが贈られた

 中学生の硬式野球日本一を決める「第12回全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップ」(日本野球連盟、読売新聞社、読売巨人軍など主催)の決勝戦が17日、東京ドームで行われ、大淀ボーイズ(大阪)が、東練馬リトルシニア(東京)を2対0で下し、初優勝を飾りました。

 どちらが勝っても初優勝となる決勝戦。両チーム無得点で迎えた五回、大淀ボーイズは一死三塁の場面で、7番・岸野桂大選手がスクイズを決め、待望の先制点を挙げました。続く六回も、4番・山下来球選手の適時打でリードを広げました。
 先発の京本真投手は、再三得点圏にランナーを背負いながら、粘りのピッチングで六回まで東練馬リトルシニアを無得点に抑えました。最終回の七回は準決勝で完投した島野愛友利投手がマウンドへ。島野投手は一死満塁のピンチを招きますが、最後は併殺で切り抜け、栄冠をつかみました。

 東練馬リトルシニアは四回、4番・関遼輔選手、5番・長堀翔選手、6番・垂水宥人選手の3連打で一死満塁としましたが、後続が併殺に打ち取られ、先制のチャンスを逃しました。結局、大淀ボーイズを上回る7安打を放ちながら、あと1本が出ませんでした。

 試合後の閉会式には読売巨人軍の高橋由伸監督が出席。決勝戦を戦った両チームの選手に、「今大会でのうれしい思い、悔しい思い、色々な経験を糧に、次のステージでも高みを目指し頑張ってください。」とエールを送りました。高橋監督から大淀ボーイズにジャイアンツカップが贈られました。
 
 今大会の様子はこちら