GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2018年11月

チーム

山本泰寛、田口麗斗、吉川尚輝、阿部慎之助の4選手が契約更改

写真

レギュラー目指すと山本選手


写真

来季の先発ローテーション入りを誓う田口投手

 読売巨人軍は29日、山本泰寛、田口麗斗、吉川尚輝、阿部慎之助の4選手と契約更改を行いました。



 3年目の山本選手は今季38試合に出場し、これまでで一番いい成績でしたが、「1年間で2か月しか一軍にいられなかったということで、満足のいくシーズンではなかった」と振り返りました。一軍で活躍するには「打撃で結果を残すこと」が大事だと考えているそうで、来季の目標については、「規定打席に到達したい。レギュラー目指してやっていきます」と言い切りました。オフは、同期の重信慎之介選手と2人で自主トレを行うそうです。



 シーズン途中で登録抹消となるなど2勝8敗に終わった田口投手。クライマックスシリーズでは好投しましたが、「良かったことよりも良くなかったことが頭にずっとあります」と心残りな表情を見せました。来季の先発ローテーション入りについては、「もう一度その椅子に座れるように、奪うという気持ちで戦っていきたい」と意欲的。また、背番号が「28」に変わることを自ら明かし、「左ピッチャーのひとつのエースナンバーだと思っています。今年の2勝8敗を思い出させる番号ですが、こういう悪い年もあったということを思い返せるように、そういう意味でも大事にして、最終的に『28番は田口』というようにできればいいなと思っています」と述べました。

写真

けがは悔しかったと吉川尚選手


写真

「まずは400号」と阿部選手

 目標だった開幕スタメンを勝ち取り、8月に負傷するまで二塁手の定位置をつかんでいた吉川尚選手は、「目標をクリアすることはできたが、けがをしてしまって、本当に悔しいシーズンだった」と振り返りました。来季は、「1年間一軍に居続けることと、けがしないことがまずは一番」と巻き返しを誓いました。年齢が近く、昨季はファームで一緒にやっていた岡本和真選手の活躍は刺激になったそうで、「負けないように、少しでも和真に近付けるように、しっかりやっていきたい」と意欲を見せました。



 入団以来18年連続の2桁本塁打を記録するなど、今季も健在ぶりを見せつけた阿部選手。通算本塁打は399本に達しており、来季の目標について「まずは400号」と宣言した上で、「日本一になって、若い人にも優勝パレードを経験させてやりたいね」とベテランらしい一言。また、4年ぶりに捕手に復帰する意向を原辰徳監督に伝えたといい、西武から移籍してくる炭谷銀仁朗選手や小林誠司選手らを念頭に、「しっかり競争しつつ、お互い協力して良くなるようにしていければ」と語り、さらに「遠慮することなく、自分のパフォーマンスを出してほしい」と若い選手にエールを送りました。