GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2019年8月

その他

世田谷西リトルシニアが優勝、中学硬式野球の頂点に~ジャイアンツカップ閉幕

写真

七回無死一塁、2点本塁打を放ち笑顔の世田谷西・富塚選手


写真

優勝した世田谷西リトルシニア


写真

胴上げされる冨井翼キャプテン


写真

閉会式で流された原監督からの激励ビデオメッセージ


写真

石井球団会長からジャイアンツカップを贈呈


写真

決勝を戦った両チームで記念撮影

 中学生の硬式野球日本一を決める「第13回全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップ」(日本野球連盟、読売新聞社、読売巨人軍など主催)の決勝戦が17日、東京ドームで行われ、世田谷西リトルシニア(東京)が、東練馬リトルシニア(東京)を4対0で下し、第3回大会以来10年ぶり2度目の優勝を果たしました。

 東京対決となった決勝戦。初回、世田谷西リトルシニアの先頭打者、1番・牧野竜也選手が三塁打を放ち、続く2番・村岡龍選手が死球で出塁して無死一、三塁とすると、一塁走者の村岡選手が一、二塁間で挟まれている間に、三塁走者の牧野選手がホームを突き、先制しました。続く二回、二死三塁から1番・牧野選手の適時打で2点差に広げ、最終回には3番・富塚隼介選手が左翼に2点本塁打を放ち、試合を決めました。

 東練馬リトルシニアは得点圏にランナーを進めるものの、世田谷西リトルシニアの投手陣を前にあと一本が出ず、2年連続の準優勝となりました。

 閉会式では読売巨人軍の原辰徳監督のメッセージビデオが紹介されました。原監督は決勝戦を戦った両チームの選手に、「ここでの活躍は、大きな意義あるものになると思います。今後の野球人生も含め、人生の中でステップアップの材料として、自信を持ちながら頑張ってもらいたい」とエールを送りました。
 
 大会の様子はこちら