GIANTS
YOMIURI GIANTS OFFICIAL WEBSITE

FOLLOW THE GIANTS

  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • line

トップ  >  ニュース  >  GIANTS ニュース一覧  >  GIANTS ニュース詳細

GIANTS NEWS
GIANTS ニュース

2019年9月

チーム

阿部慎之助選手が引退表明 「誰よりも野球が好き。そこが原動力になった」

写真


写真


写真


写真

 阿部慎之助選手が25日、都内で記者会見し、今季限りで現役を引退する意向を明らかにしました。

 阿部選手は冒頭、前夜の甲子園球場の阪神戦でファンから「慎之助コール」を受けたことに「本当に感謝しました」と感謝の言葉を述べました。

 引退については、「突然だったので、びっくりさせて申し訳ない」として、決断に至った経緯を説明。22日にヤクルト戦が行われた神宮球場で原辰徳監督と話す機会があり、「思っていることがお互い一致したということで、そこで決まりました。僕の将来のことを考えてくださっているのだと納得できた」と明らかにしました。さらに、「優勝もしたし、400本塁打も打てた。坂本(勇人選手)が主将になって優勝できたので、ある意味、荷が下りた。それで決断したという部分もあります」と心境を語りました。

 19年間の現役生活を、「誰よりも野球が好き。そこが原動力になった」と振り返り、新人の頃に指導を受けた長嶋茂雄終身名誉監督や原監督、応援してくれたファンに感謝の気持ちを示しました。

 会心の一打を問われると、「400号(本塁打)と2000本(安打)になってしまうかな」と答えました。400本塁打は昨シーズンも意識していながら達成できず、「このまま打てないんじゃないかなと思って打てたホームランだったので、すごくうれしかった」とし、2000安打は「足が遅いので内野安打が少ない。すごく価値があるんじゃないかな」と笑顔を見せました。

 今後については、クライマックスシリーズや日本シリーズが控えていることを理由に、「考えないようにしている。大事な試合に集中したい」とだけ述べましたが、「何らかの形でジャイアンツに恩返しができるようにしたい」との意向を示しました。

 記者会見の最後に、坂本選手と亀井善行選手、澤村拓一投手、スコット・マシソン投手の4人がサプライズ登場し、それぞれ阿部選手に花束を贈りました。

 阿部選手は、安田学園高、中央大を経て2001年に巨人に入団し、1年目から強打の捕手として活躍。12年は首位打者、最多打点、最高出塁率の3タイトルを獲得して日本一に貢献し、最優秀選手、正力松太郎賞にも選ばれました。17年8月に通算2000安打(プロ野球史上49人目)、19年6月には通算400本塁打(同19人目)を達成。また、07~14年の8年間にわたって主将を務め、チームのまとめ役としても重要な役割を果たしました。通算成績(9月24日現在)は、2280試合出場、打率2割8分4厘、安打数2131、打点1284、本塁打405。